カテゴリー : 宗教

地鎮祭はなぜ必要か

カテゴリー
宗教

令和3年5月23日

 

先日、ある木工会社社長さんの自宅を新築するため、地鎮祭を挙行しました。最近は地鎮祭の必要性を理解し、依頼される建主の方が少なくなったことは残念でなりません。それというのも、施工の工務店が家を建てることの本当の意味を理解し、それを説明することがないからです。何ごとも営利第一で、手間をかけるのが面倒めんどうなのでしょう。会社の発展や技術の向上には力を注ぐものの、昔からなぜ地鎮祭という儀式を行って来たのかを考えようともしません。

今でも本当の大工さんなら、必ず地鎮祭をすすめます。それでも建主が不要だと言い張るなら、自分たちだけででも簡単な〝おきよめ〟をするはずです。たぶん、お酒と塩ぐらいは用意して、充分にお祓いをしてから仕事に取りかかることでしょう。それがけ負った大工としての仕事の作法であるからです。

では、地鎮祭はなぜ必要なのでしょう。そもそも、人はよく土地や家を〝買った〟と言います。もちろん不動産の物件ですから、けっしてお安い買い物ではありません。おそらく、人生の中で最も高い買い物であったはずです。また、長いローンを組んで、何十年もかけて支払いを続けているという方も多いはずです。

しかし、買ったというその土地や家は、いったい誰のものでしょう。もちろん、法律上は買主のものに間違いはありません。しかし、その前にも持ち主がいました。そして、その前にも、またその前にも持ち主がいました。そうすると、その土地は本来、この地球が出来て以来のその土地の神さまのものということになるのです。土地を買い、家を建てると言いますが、実は神さまから〝あずかる〟ということなのです。どんなに大金をつぎ込んでも、それはあくまで、預かりものに過ぎません。

だから、預かる以上は挨拶をするのが当たり前です。その挨拶が、つまり地鎮祭なのです。世の中には様々なトラブルがありますが、その原因は何かというと、それは挨拶をしないからなのです。お世話になったなら御礼を、ご迷惑をかけたならおびをすべきであるのに、その挨拶がなければトラブルになるのは当たりまえです。だから家を建ててそこに住む以上は、神さまに挨拶をすべきなのであり、それが地鎮祭なのです。

地鎮祭をせずに家を建てると、中古住宅であれば入居前の挨拶(おはらい)をしないと、かなりの確率でトラブルが生じます。私は長年の経験から、そのことを知っています。このブログを読んだ方は、このことを肝に銘じましょう。家を建てる前には必ず地鎮祭を、中古住宅に入るなら、その前に必ずお祓いをしましょう。これ、当然のことですよ。

人はどうしたら変わるのか

カテゴリー
宗教

令和2年10月16日

 

あさか大師で得度とくど(仏門に入る儀式)をして真言密教の教えを学び、修行をする方が増えてまいりました。

得度をして最初に何をするかと申しますと、〈礼拝加行らいはいけぎょう〉という修行から始めます。これは〈五体投地ごたいとうち〉といいまして、右ひざ・左ひざ・右ひじ・左ひじ・ひたいの五か所をゆかに着ける礼拝を百八回くり返し、その後に経典や真言をお唱えする修行です。これを続けますと足腰が痛んだり、ひざから血が出たりしますが、結願けちがん(終了)する頃にはいかにも僧侶らしく法衣も似合って来ます。また体つきも顔つきも変わって来ます。

どうしてかといいますと、ヨガ(真言密教では瑜伽ゆがといいます)よって体と心を同時に修行するからです。礼拝というヨガのポーズは、頭を下げることにより慢心まんしんを除くはたらきがあるからです。つまり、人間を変えるためには、体も心も同時に変えることが重要なのです。道徳と宗教は何が違うのかと申しますと、道徳は心の教えを説きますが、宗教は心の教えを説くと共に体を使って修行をするという点にあるのです。体と心は一つなのです。心を変えるためには体も変えねばなりません。

また、体と心の間には言葉があります。体のはたらきと心のはたらきを兼ねるのが言葉です。お経や真言をお唱えするのはそういう意味です。道徳の教えも大切ですが、尊前に礼拝し、お経や真言を唱え、仏さまのお顔にうっとりすれば、人は必ず変わります。さらに美しい仏具やお香のかおりに触れれば、もはや申し上げるまでもありません。

現代は「まわれ右!」すらできない子供たちがたくさんいます。授業に集中できない子供たちもたくさんいます。それは教育というものを、心の問題としてとらえ過ぎるからです。スポーツや山歩きをしてクタクタになれば、何かが変わるのです。声に出す訓練をくり返せば、何かが変わるのです。昔の人がお百度ひゃくどやおへん、また滝修行や山岳修行を重んじたのはその意味です。授業の勉強も大切でしょうが、人間の育成にはクラブ活動が大切だと、私はいつも思っています。

「政」とは「祭りごと」

カテゴリー
宗教

令和元年11月10日

 

今日は「祝賀御列しゅくがおんれつ」のパレードで、日本中がわきました。

午前中より来客があり、午後は弟子の一人に伝授もしましたが、午後2時半に体が空きました。テレビでその祝賀パレードを拝見しましたが、まさに両陛下と国民が一体になった感じです。人間どうしが一体になるには、祭典や儀式が必要なのだと思いました。つまり、「まつりごと」とは「まつりごと」だということです。お祭りをすることが、政治の根本なのです。

全国各地にいろいろなお祭りがありますが、人はこれに参加するから一体になれるのです。秋に稲の収穫があれば、それを地元の神社にお供えしてお祭りをします。その後で、みんなで直会なおらい(食事)をします。だから仲よくなれるのです。言葉で「みんな仲よくしましょう」などといっても、たかが知れています。つまり、人間社会には祭典や儀式が、つまり宗教が必要だということなのです。

もちろん、「祝賀御列の儀」に宗教色はありません。しかし、行例を組んで進み、集まった人々と共に喜び合う祭典や儀式は宗教の真骨頂しんこっちょうといえましょう。そして、それによって一体感が生まれ、よい政治ができるのです。両陛下も総理も官房長官も、今日は最もよい政治ができたのです。

それにしても、両陛下は沿道えんどうの国民に笑顔を絶やさず、4・6キロ、30分間の距離を、休むことなく手を振り続けられました。私たちには理解し得ないご苦労があったはずです。日本人のほとんどは皇室を大切に思っています。絶えることなく存続していってほしいものです。

日本の英知

カテゴリー
宗教

令和元年8月18日

 

今日も炎暑の一日でした。それでも毎月第三日曜日の恒例行事に、皆様がお集りくださいました。小さなお孫様までもご参加いただき、いっしょに回向の読経をしました(写真)。

お子様やお孫様がこのような行事に参加すれば、教えずともご先祖を大事にするようになります。そして、両親がその両親を大事にする姿を見れば、ご自分が大人になった時、必ず両親を大事にします。お寺の行事はここがすばらしいのです。楽しく参加し、読経や太鼓の響きを記憶し、法話を聞いたりお菓子をいただいて過ごすうちに、自然に身につくものがあるからです。道徳は言葉で教育をしますが、宗教はその儀礼によって無理なく教育ができるのです。だから、人間社会には宗教が必要なのです。

日本人はよく〈無神論〉であるとか〈無宗教〉であるとか言いますが、外国人からすればおかしな人種です。また、それはとても恥ずかしいことです。この国は遠い先祖を神棚かみだなに、近い先祖を仏壇ぶつだんにおまつりして来ました。これは世界に誇れる日本の英知なのです。

お盆は過ぎましたが、どうかご先祖を大事にする姿を、お子様やお孫様に見せてください。そのためにも、ぜひお寺にお越しください。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ