カテゴリー : あさか大師

秋分の日

カテゴリー
あさか大師

令和2年9月22日

 

今日は秋分の日で、恒例の秋彼岸会を挙行しました。

まず、午前11時半より、毎日のお護摩を修し、午後1時より秋彼岸会の法要となりました。コロナ禍の中、少しさびしい集まりのように思われましたが、それでも久しぶりにお見えになった方もおり、いっしょに読経をしました。僧侶の皆様も声明しょうみょう(お経や真言の節)に慣れ、すばらしい法楽ほうらくを披露してくださいました(写真)。法要後はみんなでオハギをいただき、楽しいひと時を過ごしました。

また、法要の後は水子供養会となり、食事も菓子も飲み物も供えて、あの世の〝子供たち〟を励ましました。水子さんたちは大人のように人生の喜怒哀楽や感情の曲折が少ないためか、素直に供養を受けてくれます。新たな生縁せいえんを授かり、私たちの未来をになっていただけることを願っています。

さらにその後は私が先達となり、11名にて滝修行に向いました。初めての方が多かったので、まず作法の説明をしました。そして本尊のお不動さまをお迎えし、けっかいし、気合を入れて滝の中に身を投じました。このような荒行あらぎょうを続けると、迫力のある声になることはよくわかっています。瞑想のような静かな修行もよいのですが、時には荒行を実践すると声がよく響き、呪力しゅりきが高まります(写真)。

また、このような荒行によって隠れた意識を共有し、強い団結力が生まれることも確かです。つまり強烈な異次元体験によって、不思議な友情や思いやりが生まれるということです。決して肉体をいためることを目的とする〝苦行くぎょう〟ではありません。心が澄んで晴れやかな気持ちになります。参加者の皆様は、また行きたいと思っていることでしょう。

炎天下の布施行②

カテゴリー
あさか大師

令和2年9月11日

 

昨日から僧侶志願ということで、札幌から男性の方がお越しになりました。面会しましたところ、大変に決意が固いので、受け入れようと思っています。札幌から月に一度通って来るとの言葉に、私の方が頭が下がりました。

また、十八道加行じゅうはちどうけぎょう(最初の行法修行)を二人のお弟子さんが結願けちがん(行法の成満じょうまん)しました。仕事を持ちながら自宅で励み、今日の結願を迎えました。自宅に帰れば疲れてもおりましょうに、大変なご精進です。

また以前に書きました土木工事にも、三名の方がご奉仕くださいました。炎天下でなかなか進みませんが、ブロック工事も最終段階に入りました(写真)。片づけをして土を入れれば、立派な花壇になります。

いつも思うのですが、修行らしいことも大切ですが、このような布施行こそお大師さまはお喜びになるはずです。法衣を脱いでの作務さむ(寺での作業)も大事な修行だからです。私もこの恩に報いねばなりません。とてもありがたいことです。

また、お弟子さんたちが滝修行を熱望しています。最初は私が先達を勤めることで、計画を進めています。私はお弟子さんたちを励ましますが、私もまたお弟子さんたちに励まされています。「持ちつ持たれつ」ということです。

月始めの総回向

カテゴリー
あさか大師

令和2年9月6日

 

昨日と今日、月始めの総回向・光明真言土砂加持法要こうみょうしんごんどしゃかじほうようを挙行しました。昨日は炎天下でありましたが、ご参詣の皆様も多く、元気に読経をしました。回向えこう殿でんが少し手狭てぜまに感じるほどです(写真)。今日は台風10号の影響なのか、少ない参詣でしたが昨日と同じ法要をして、両日とも「疫病退散写経」の御礼を兼ねての法話もしました。

また総回向終了後は、四度加行しどけぎょう(真言密教入門の行法ぎょうぼう修行)に励んでいるお弟子さん9名に不動護摩の伝授をしました。先日お伝えしたご寄進護摩壇を用いての、二度目の伝授です。お弟子さんたちはとても熱心で、私も力が入りました。いずれ成満じょうまんして、立派な真言宗教師となることを楽しみにしています。

なお、沖縄・九州の皆様には台風10号による災害からご加護をいただき、付近の避難所にあってもご無事に過ごされますことを念じてやみません。遠方よりご祈願をいたします。合掌

炎天下の布施行

カテゴリー
あさか大師

令和2年8月19日

 

いま、あさか大師の僧侶数名が土木作業の奉仕をしています。今日は生コン車が来て、打ち込みをしました(写真)。私も午前中はいっしょに手伝いましたが、この炎天下で両腕が真っ黒に日焼けしました。お護摩の時間にはお参りの方が見えましたので、私は本堂に戻りましたが、僧侶の皆様は大変でした。外気温は、当地でも36度を超えていました。お大師さまはこの布施行ふせぎょうをどのようにご覧になったでしょうか。

あくまで推測ですが、お大師さまが高野山を開かれた当時、お弟子さんたちの生活は似たようなものであったと思います。真言念誦ねんじゅや修禅瞑想の修行といえども、小屋のようなお堂から始まったはずです。山内の整備だけでも、並みの心労ではありません。ましてやお大師さまのご生前は、根本大唐も金堂も完成してはいませんでした。高野山の夏は涼しくとも、冬は酷寒のきびしさです。食料にさえ困窮していたに違いありません。

何ごとも同じですが、見た目の立派さは、目には見えない努力の積み重ねによって成し遂げられるのです。修行らしいことも大切ですが、このような影の支えがなければ、どんな誓願せいがんも達成できません。この功徳を大いに讃えたいと思います。

今日のあさか大師

カテゴリー
あさか大師

令和2年8月16日

 

今日は第三日曜日で、午前11時半より金運宝珠護摩、午後1時より光明真言法要がありました。静岡で観測史上初の40・9度をはじめとして、全国的な猛暑日でした。コロナウイルスの不安が続きながらも、常連の皆様はお参りにお越しくださいました。読経の声にも、暑さに負けぬ勢いがありました。

一度お護摩を修すると、全身が汗だくです。それでもお参りいただいた皆様の願いに答えようと、特に〈金運増大〉を中心に祈りを込めました。写真はまだ、さほどに炎が高くない時のものです(間を空けて座っていただきました)。

また、午後の法要の後、二名の新発意しんぼっち(仏門に入ることを決意した方)の得度式を挙行しました。黒衣も初々ういういしく、袈裟もさまになっていませんが、これから修行を重ねるたびに似合って来ます。これが礼拝の功徳、読経の功徳、そして何よりお大師さまの功徳というものです。私はそのことを、得度式の後の楽しみにしています。いつもながら、忙しい日曜日でした。

月始めの光明真言法要

カテゴリー
あさか大師

令和2年8月2日

 

昨日と今日、月始めの光明真言法要(総回向)がありました。コロナウイルスの感染者数がまた増大し、心配して遠慮した方もおりますが、常連の皆様はまずまずお参りにお越しくださいました。この頃は子供さんたちも見えて、お母さんといっしょに可愛らしい声で読経しています。なるべく間隔かんかくを空けていますので、手狭てぜまに感じました(写真)。

僧侶の方が増えましたが、私は僧侶の皆様にこそ先祖供養に励んでほしいと、常に願っています。僧侶の方は檀家の葬儀や法事はしっかりとつとめますが、自分の家の先祖については、あまり熱心ではありません。ましてや、母方にいたっては、ほとんど関心すらありません。まさに「坊主の不信心」です(笑)。「医者の不養生ふようじょう」「えきしゃの身のうえ知らず」と並んで、足もとはなかなか見えないという代表的な例証です。

このブログを読まれた僧侶の方は、こうした熱心な在家ご信徒を見習っていただきたいものです。住職の行いはいつとなく、どことなく、檀家の皆様は見ているものです。住職がお手本を示しもしないで、檀家さんにばかり先祖供養を強いるのはおかしなことです。また、檀家さんがお寺に寄りつかなくなるのも当然のことです。

私も住職としてお導師を勤めながら、後ろに座っていらっしゃるご信徒さんに、常に教えられ、励まされています。どうか、肝に銘じていただきたいと思います。恐惶謹言きょうこうきんげん

コロナ対策

カテゴリー
あさか大師

令和2年7月19日

 

本日は第三日曜日で、午前十一時半より金運宝珠護摩(写真)、午後一時より光明真言法要を奉修しました。

コロナウイルスの感染者がまた増えましたので、お参りを遠慮している方もいらっしゃいますが、まずまずの方がお越しになりました。午前のお護摩では僧侶の方が「弘法大師御尊像」をお持ちになり、開眼祈願もなさいました。

ところで、コロナ対策でありますが、マスク・手洗い・アルコール消毒はもちろん、間隔かんかくを空けて座るよう努めています。また、加湿器に消毒液を入れて空中に噴霧ふんむしています。写真の左上にあるブルーの容器がわかりますでしょうか。

社会が活気を失い、コロナに加えて豪雨被害、これからどんな災害がやって来るとも限りません。法螺ほらを響かせ、力強いお護摩を奉修して、元気になるよう祈りました。また、玄間には常滑とこなめ大壺にドウダンツツジの大枝をし込み、植物パワーもいただきました(写真)。

皆様、大いに元気をいただいてお帰りになったと思います。終って「ゆうメール」の封書入れ、いただいたお手紙の返信、熊本県ご信徒へのお見舞い電話、今日も忙しい一日でした。

盂蘭盆会法要

カテゴリー
あさか大師

令和2年7月5日

 

あさか大師では昨日と本日、午前11時半にいつものお護摩を、午後1時には早くも盂蘭盆うらぼん法要を修しました。新型コロナウイルスの感染者数が再び上昇し、参詣を断念した方々もいらっしゃいますが、まずは集まった皆様と共に精霊回向の法要を修しました。そして、お施餓鬼せがきの説明をして(写真)、全員でその作法も修しました。

得度とくどをなさった僧侶の方々も声明に慣れ、お稽古の成果がよく出ていました。努力が実ってすばらしいと思い、よかったと思いました。ただ、私の法要に対する考えは、参詣者の方々との一体感を重んじることです。立派な声明や『理趣経りしゅきょう』の読誦どくじゅも大切ですが、「在家勤行式ざいけごんぎょうしき」を活用して、僧侶と参詣者が共に読経することが肝要ではないでしょうか。参詣者の方々は、皆様とても熱心なので、太鼓の響きに合わせて光明真言が堂内に遍満します。その唱和は「おみごと」としか言いようがありません。

今月はまた三名の方が得度を受けますので、法衣の着用を指導したり、その打合せをしました。また、加行けぎょう(教師になるための修行)の伝授もしました。すべてが終わった後は、さすがに疲れました。今日はこれで失礼させていただきましょう。

桜大臣

カテゴリー
あさか大師

令和2年3月28日

 

あさか大師となりの桜が本日、満開となりました(下写真)。ただ新型コロナウイルスの影響で、お花見に訪れる方は少ないようで、とても残念です。

私は毎日、このみごとな桜を〝ひとめ〟しています。幕末の漢学者・頼山陽らいさんようは自らの住居を「山紫水明処さんしすいめいしょ」と名づけ、京都・東山三十六峰ひがしやまさんじゅうろっぽうを独り占めしました。そして、「われ関白かんぱくなり!」と豪語してはばかりませんでした。私も特別に拝観を許された経験がありますが、当時はたしかに京都三十六の名山をすべて見渡せたことだろうと実感しました。私は関白までとは行きませんが、桜に囲まれるまま、「われ桜大臣さくらだいじんなり!」ぐらいを語れるかも知れません。

日本人ほど桜をで、詩歌や物語に取り上げている民族はほかにありません。日本人は世界一桜好きの国民なのです。そして「花は桜木、人は武士」と、美しく散ることをいさぎよしとした武士にもてはやされました。そのもんも例外ではなく数百種を超えるとまでいわれています。ただ、実際の使用している例となると、意外に少ないことに驚きます。それは散ることを悪い意味で受け止め、家紋としてはけたからかも知れません。

私が知っている著名人では原 敬はらたかし山縣有朋やまがたありとも・吉田茂・与謝野晶子・吉永小百合といった方々です。また、土俵どひょうの幕に染めぬかれているとおり、日本相撲協会も桜紋です。寺紋としては何といっても吉野の金峯山寺きんぷせんじでしょう。また奈良・唐招提寺とうしょうだいじや西宮・神呪寺かんのうじ(お大師さまの弟子であった如意にょいの開山)なども桜紋を使用しています。

私はいさぎよく散ることには何の異存もなく、今日のような満開の桜を見ながらあの世へければ、何の不足もありません。むしろ、それを楽しみにしているほどです。あさか大師を「香林寺」とごうし、桜の寺紋を選んだのも、こうした願いがあってのことでした。

まだ、間に合います。このブログを読んだ方は、ぜひお花見にお越しになってください。改めてあさか大師の寺紋もせておきます(下写真)。

春分の日

カテゴリー
あさか大師

令和2年3月20日

 

昨夜からお大師さまの正御影供しょうみえく(お姿の御影みえを供養する法要)の準備にかかり、御影のお持物(水瓶すいびょう木履きぐつ・念珠)を供えました。こうしたお持物は、今や高野山にすら残っていません。かつて、私が『弘法大師御影の秘密』(青山社)を執筆した時に発願ほつがんし、作成していただいたものです(下写真手前)。

また、仙菓せんが礼奠れいてんとして十種類の霊薬もお供えしました。これはお大師さまがご入定される前、五穀を断っていた折に召し上がっていたであろうと思われる物を、私なりに選んだものです(下写真奥の白い高坏たかつき)。お大師さまのご著書を読みますと、いかに漢方に通じていたかという事実に驚かされます。いったい、いつの間にあのような勉強をなさったのか、不思議でなりません。

このような準備のもと、本日の午前十一時半より正御影供の法要を迎えました。得度とくどをした僧侶の皆様も、だいぶ声明しょうみょう(ご真言や経典の曲)に慣れていただいたようです。またお導師の私が祭文さいもんを唱え、全員での勤行も加えました(下写真)。

続いて午後一時からは、春彼岸法要、その後は春彼岸の水子供養も奉修しました。春彼岸法要では大勢の方々がお参りし、それだけに読経の勢いがありました(下写真)。そして法要の後、一年間の祈りを込めた光明真言こうみょうしんごんの〈お土砂どしゃ〉を授与しました。白い小さな砂粒ですが、この一粒一粒が如意宝珠にょいほうしゅ化現けげんしたものです。

そして水子供養の後は、二名の新発意しんぼっち(仏門に入る決意をした方で、白い奉書を胸にしています)の得度式を挙行しました。まだお袈裟けさの着用が、サマなっていないのはやむを得ません。無事に修行をまっとうしていただきたいと念じています(下写真)。

忙しい一日でした。今日は写真でお伝えした方がよいと考え、文章はこのへんでとどめます。ご助法じょほういただいた僧侶の皆様、お参りいただいたご信徒の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ