カテゴリー : あさか大師

金運宝珠護摩

カテゴリー
あさか大師

令和3年9月19日

 

今日は第三日曜日で、午前11時半より金運宝珠護摩を修しました。コロナ禍のさびしい集まりでしたが、僧侶の方もご信徒の方も力強く読経しました。ご祈願も多く、たくさんの護摩木(添え護摩)で高々と炎が舞い上がりました(写真)。

あさか大師の本堂は土間どま(床)なので、クツのままお参りし、僧侶の方もご信徒もイスに座って読経します。また、玄関までの段差もありません。これは車イスの方でも楽に入れるよう思案したからです。お隣りが特別養護老人ホームなので、入居者の方が車イスでお参りします。時代の流れからしても、これでよかったと思っています。

現代はどのお寺も、本堂には畳の上にイスを置くようになりました。現代人は家庭においても、ほとんど正座をしません。茶道なども立礼席りゅうれいせき(イス席でのお点前てまえ)が増えているはずです。正座は正しく座れば実は健康的な座法なのですが、ひざや腰の悪い方には苦痛です。しかし、トイレも洋式となり、雑巾ぞうきんがけもしなくなり、車が普及して歩くことも少なく、足腰が弱くなったのも事実です。ところが、年齢だけは長命となり、グルコサミンやコンドロチンのお世話になっているのです(笑)。何ごとにも一長一短があるものですね。

遍路大師の到着

カテゴリー
あさか大師

令和3年9月16日

 

あさか大師は今年、開創三周年を迎えました。そこで私は遍路へんろ大師像(お大師さま修行時代のご尊像)の建立を発願ほつがんし、報恩謝徳ほうおんしゃとくに献じようと考えています。本日、そのご尊像が富山県高岡市の工房から到着しました。高さ六尺(180センチ)の青銅製で、200キロの重量があります(写真)。来月には石材店の方が基礎工事に着工し、年内にも開眼法要を挙行する予定です。

お大師さまは奈良の大学に入学しましたが、やかてこれを中退し、紀州や四国などで修行に励みました。遍路大師はこの時代のご尊像で、その道程が四国八十八ヶ所霊場です。お大師さまはきびしい修行によって仏教の真理に到達しましたが、さらにこれを大成するために唐(中国)の長安ちょうあんに渡ったのでした。そして、青龍寺しょうりゅうじ恵果和尚けいかかしょうと劇的な出会いをなし、真言密教の奥義を授かりました。

遍路大師像には高さ四尺(120センチ)の御影石台座に乗ります。来年の初詣には、皆様の眼にも留まりましょう。あさか大師の新たな象徴として、ぜひお参りしていただきたいものです。

総回向

カテゴリー
あさか大師

令和3年9月6日

 

あさか大師では4日(土)・5日(日)の両日、月始めの総回向法要を挙行しました。コロナ禍にありながら、少しずつ地元の方も加わり、ありがたいことだと思っています(写真)。

ただ、ご信徒の中からも感染した方が現われました。私はただちに漢方薬の「銀翹解毒散ぎんぎょうげどくさん」やアミノ酸の「KーARA」等を送り、治癒した実例も体験しました。また個人輸入でイベルメクチンも取り寄せ、対策への常備としています。

イベルメクチンは2015年、ノーベル生理学・医学賞に輝いた大村智おおむらさとし博士(北里大学特別名誉教授)による発見です。博士は熱帯地方におけるブユによる感染症に対する抗寄生虫薬としてイベルメクチンを発見しました。日本ではあまり普及していませんが、海外から新型コロナに対する効果報告が寄せられ、大変に注目されています。博士は「さらに科学的なデータを提示し、そのうえで新型コロナの治療薬となり得るかどうかを判断してほしい」と語っています。

今後はワクチンばかりではなく、このような飲み薬が開発されることを望んでやみません。そして、まずは国民すべてにワクチン接種が行き渡ることを願っています。人類は戦争以上に、ウイルスとの戦いを強いられるのかも知れません。

もう、一年以上もお会いしていない方がたくさんいらっしゃいます。早く平穏な日常が戻るよう、毎日のお護摩でご祈願を続けています。

得度式

カテゴリー
あさか大師

令和3年8月22日

 

本日、得度式とくどしきがありました。得度を受ける方を〈新発意しんぼっち〉といいますが、新発意は当然ながら、とても緊張しますが、立派に成し遂げました。私が戒師かいし(お導師)を勤め、先輩僧侶の方々が立会人として列席しました(写真)。

得度の〈度〉はサンズイを付けて「渡ることを得る」という意味です。悟りの世界である浄土の岸、つまり彼岸に渡ることを表示します。仏道修行に向って、新たな志をいだき、得度を決意していただいたことを、私はうれしく思っています。

あさか大師で得度される方は、ほとんど社会人としての仕事を持っています。つまり、土曜・日曜・祭日にあさか大師に来て伝授を受け、修行に励んでいます。皆様、大変にまじめで真剣です。大切なことは、俗にあっても俗に染まらぬ〈非俗性〉でありましょう。

これは寺院住職にもいえることですが、日本の僧侶はほとんどが結婚し、家族を養い、社会的なかかわりを持っています。つまり、俗世ぞくせと何の関係もなく生活することはあり得ません。その中でいかに非俗性を貫くか、そこが正念場です。

私は僧侶はその体から、その言葉から、その心から〝法の香り〟が漂わなければならないと、そのように思っています。それにはやはり、日頃から仏さまに向い、読経に勤め、心を清らかに保つことでしょう。それを毎日続けること、それ以外にあるはずがありません。最も大切なことです。

金運宝珠護摩

カテゴリー
あさか大師

令和3年8月17日

 

あさか大師では一昨日、コロナ禍と大雨警報の中、金運宝珠護摩の行事を挙行しました。さびしいお参りでしたが、これはやむを得ません。僧侶の方々とお参りの皆様とで、力強く読経をしました。ただ、お願いごとの護摩木は多く、皆様が金運護摩に寄せる思いが伝わります。一段とエネルギッシュな炎が立ち上がり、私は汗でびしょれでした(写真)。

また、いつも『仁王護国般若経』と『孔雀明王経』を供え、新型コロナの終息も祈念しています。医療の恩恵に浴しつつも、こうした〝祈りの力〟が大切であることは言うまでもありません。一日も早く平穏な社会が取り戻せますように。

緊急事態での総回向

カテゴリー
あさか大師

令和3年8月8日

 

またまた緊急事態宣言が発令されました。あさか大師では昨日と本日、月初めの総回向を修しましたが、さすがにお参りも少なく、さびしい集まりでした。もう、一年以上もお会いしていない方々がいらっしゃいますが、それでも皆様と共に心をこめて読経をしました(写真)。

このコロナ禍において、出来得る対策には努力をしています。また『般若心経』の写経や、『仁王護国般若経にんのうごこくはんにゃきょう』『孔雀明王経くじゃくみょうおうきょう』への祈願にも力を注いでいます。世界中の宗教パワーを結集させて、この地球を守らねばなりません。とりわけ真言密教は、大きな支柱になると思っています。お大師さまの身代わりとなって少しでもお役に立てるよう、これからも精進を続けます。

あさか大師春日部分院

カテゴリー
あさか大師

令和3年7月24日

 

2020東京オリンピック開会式の記念すべき日、埼玉県春日部市に〈あさか大師春日部分院〉が落慶しました(写真)。私と住職の先輩弟子が出資し、法楽を捧げ、寺門興隆を祈願しました。本尊はお大師さまですが、お大師さまが念持仏ねんじぶつ(常に念じていた本尊)とされた如意輪観音と、霊符神をもお祀りしています。

住職の小嶋英照師は自衛隊退職後、九星気学やタロットを学んだ後、僧侶を志してあさか大師の門をたたきました。求道心と正義感の強い同志として、今後の活躍を期待しています。近在の皆様は、ぜひお訪ねになってください。また、あさか大師僧侶の皆様も、これに続いてお寺を立ち上げてくださることを望んでやみません。

「法は人によって弘まる」とお大師さまはおっしゃいました。これが〈弘法大師〉宝号の語源です。授かった法は次の人に伝えねばなりません。ただ、自分のものとするだけでは、仏さまの誓願に反するからです。肝に銘じましょう。

金運心得帖

カテゴリー
あさか大師

令和3年7月18日

 

今日は第三日曜日で、午前11時半より月例の金運宝珠護摩を修しました。コロナ禍と連日の猛暑で、ご信徒の皆様がお集りになれるか心配しましたが、まずまずのお顔触れでした(写真)。

せっかくなので、午後の回向法要の後、私が考えるお金のルールを「金運心得帖きんうんこころえじょう」と題してお話をしました。ブログを読んでいただいている皆様にも、お伝えしたいと思います。次の12ヶ条が、私の考える金運心得帖です。

①人が欲する利益を与えなければお金は入りません。【人が損をすれば自分がもうかるという考えは、大きな誤りです】

②お金持ちを尊敬し自分もそれを目ざしましょう。【お金を持っている人は悪いヤツだという考えも、同様です】

③お金を大切にするほどお金からも大切にされます。【大切にしなければ大切にされないことは、世の中の道理です】

④お金は神さまからのあずかりものと思いましょう。【人が喜べば神さまも喜び、お金はそのご褒美ほうびなのです】

⑤収入の一部は社会への御礼に還元しましょう。【利益は分かち合ってこそ、さらに大きな利益を生み出すのです】

⑥お金のそばで腹立ちや悪口は慎みましょう。【お金は腹立ちも悪口も聞いており、そういう人から遠ざかります】

⑦お金の出し入れには挨拶を忘れてはなりません。【入る時も出る時も、「ありがとう」の一言を忘れてはなりません】

⑧敬意を払わず「カネ」と呼んではなりません。【「お金」と呼ばずに「カネ」と呼び捨てる人に、お金は集まりません】

⑨財布はお金の居心地がいい長財布を用いましょう。【お札を折らずに、居心地を考えた長財布を使うことです】

⑩財布の中はお金の向きをそろえて入れましょう。【お金を逆さづりにして、愛されることはありません】

⑪カードの厚みでお金の呼吸を妨げてはなりません。【お金は生きものであり、呼吸するものであると心得ましょう】

⑫二つ折り財布をしりポケットに入れてはなりません。【お金が二度と戻りたくないような行為は、慎まねばなりません】

以上の中で、最初の①②は多くの方がおちいる誤りです。また④⑤は、よく考えていただければおわかりいただけましょう。ほかは特に財布の扱いについての心得です。お金はご自分の分身であり、生きものであり、呼吸をして、感情があることをご理解いただき、大切に扱っていただきたいと思います。

盂蘭盆会法要

カテゴリー
あさか大師

令和3年7月4日

 

昨日と本日、あさか大師では早くも盂蘭盆会うらぼんえ法要を奉修しました。各地の大雨被害が報道される中、皆様の足元は大丈夫かと心配しましたが、参拝の時間ばかりはほとんど降らず、お帰りになると降り出すという、まことに不思議な二日間でした。

盂蘭盆会法要は僧侶の方々が声明を唱えましたが、お稽古けいこの成果があって、みごとな音律をかなでました(写真)。読経や真言の響きが堂内に残り、これがお寺そのものの力となって功徳が残りましょう。毎日のお護摩も同じですが、こうした積み重ねが大切なところです。法要の後は全員で施餓鬼作法せがきさほうをなし、声をそろえて布施行ふせぎょうに励みました。小さなお子様もいっしょに参加しましたが、やがてはご先祖や両親を大切にすること、間違いありません。

また、この後は水子供養を修し、たくさんのお供えをして読経をしました。水子供養も現代のお寺における、大切な責務です。この国の未来のためにも、怠ってはならないことです。

(追記 各地の大雨被害に対し、慎んでお見舞いを申し上げます)

失物発見法

カテゴリー
あさか大師

令和3年6月20日

 

本日は第三日曜日で、午前11時半よりは金運宝珠護摩を修しました。まだまだコロナ禍が続く中、さびしい気もしましたが、皆様が元気よく読経をなさいました(写真)。

また、午後1時からは光明真言の回向法要を修し、その後に「失物うせもの発見法」のお話をしました。大事なものをどこに置いたのか見つからなかったり、置き忘れや紛失の経験は誰にでもあることです。また、盗難にあうこともあるかも知れません。

実は、失物の原因は〈三宝荒神さんぼうこうじん〉という、いわゆるかまどの神さまのおしかりを受けたからだという説があります。「そんなバカな!」と思うかも知れませんが、こういう言い伝えがあることは事実です。つまり、昔なら竈、今の生活ならガスやIHのそばで悪口を言ったり、腹を立てたり、口論をしたりすると、荒神さまがお叱りになるのだということです。それだけ、火は神聖なものであることを知らねばなりません。

だから、荒神さまにガスやIHのそばにお線香を立て、不敬をお詫びし、そのご真言を唱えると、失物を発見すること、まことに奇妙です。特に家内で紛失した場合は、スグに見つかります。家外の場合は一週間ぐらいかかることが多く、また財布の中身までは保障できません。それでも、現金はなくなっていても、保険証やカードなどは戻ることが多いのです。私はこのことを何度も経験し、またご信徒の方にもお教えして実証してきました。

今日もこのお話をするや、皆様、とても真剣でした(写真)。お役に立つことを念じています。詳しくお知りになりたい方は、あさか大師にお越しを。

 

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ