カテゴリー : あさか大師

月初めの総回向法要

カテゴリー
あさか大師

令和4年8月7日

 

昨日と今日、あさか大師では月初めの総回向法要の両日でした。

先ず作務さむの後、午前10時半より、弟子僧の皆様に〈阿字観〉の伝授をしました。阿字観とは梵字の阿字を見つめる瞑想法で、真言密教では重要な修行です。今回は阿字観についての私感を述べ、来月は実修に入る予定です。また、いずれは一般の方にも公開して、幅広く普及することを目標にしています。

午前11時半より毎日のお護摩を修し、昼食後の午後1時より、総回向法要を挙行しました(写真)。相変わらずコロナ感染が増大し、参詣を遠慮している方もいらっしゃいましたが、それでも元気に読経を勤めました。一日も早く安心して参詣できる日が来ることを願ってやみません。なお、〈一食布施〉の一部を「ウクライナ緊急募金」として日本ユニセフ協会に寄進しましたが、法要後にその御礼状や領収書受納の報告もいたしました。

また初日の総回向の後、弟子僧の12名の方に〈愛染明王法あいぜんみょうおうぼう〉の伝授をいたしました(写真)。愛染明王はお大師さまが、不動明王とともに重んじられた仏さまです。実は、お大師さまの御影みえ(お姿の絵)の右手の五鈷杵ごこしょは愛染明王(金剛界)を、左手の念珠は不動明王(胎蔵界)の羂索けんさく(なわ)を表示しています。愛染明王法はなかなか伝授する阿闍梨あじゃり(教師)も、その機会もなくなりました。私は縁ある方には伝授を続けたいと願っています。

盂蘭盆法要

カテゴリー
あさか大師

令和4年7月3日

 

昨日と今日、月初めの総回向を兼ねて、盂蘭盆うらぼん法要を挙行しました(下写真)。

参詣の方が、予想したより少なかったように思います。コロナ禍に加えて、さすがにこの猛暑のためでしょうか。それでも弟子僧の皆様が声明を披露し、ご信徒の皆様も一心に読経をしました。そして、法要終了後は全員で施餓鬼せがき作法を修しました。私たちも、強欲に走る餓鬼道への戒めを心得ねばなりません。

また、午前中のお護摩の前に〈九字の秘法〉と〈大般若だいはんにゃ加持法かじほう〉を伝授し(下写真)、法要後は〈得度式〉や〈加行けぎょう伝授〉など、忙しい二日間でした。

一食布施

カテゴリー
あさか大師

令和4年6月5日

 

あさか大師では昨日と今日、月初めの総回向法要を挙行しました。法要の後、今月から「一食布施いちじきふせ」を開始したことをお話して、皆様の協力を仰ぎました(写真上)。また、その募金箱も設置しました(写真下)。

 

一食布施とは、月に一度(もちろん、何度でもよいのですが)恵まれない方々のために、ご自分の一食分の食事代を布施するものです。お弁当なら500円程度、余裕があれば1000円以上でしょうか。もちろん、私自身も参加しています。

このささやかな行為が、実は徳を積む大きなチャンスになることを確信してやみません。人の運命は徳で決まります。能力も大切ですが、徳がなければその能力も生かせません。このささやかな心がけが、地球のどこかで感謝をされましょう。それがプラスの〈気〉となって、ご自分の徳となるのです。

良識ある著名人は、みなこうした心がけを実行しています。その心がけがさらに徳を呼び、ますます開運するのです。私たちは著名人にはなれずとも、社会の一隅いちぐうを照らして、功徳を心がけましょう。

まずはウクライナの方々が意中にあることは、申すまでもありません。皆様のあたたかいお心をお寄せください。

縁日護摩と得度式

カテゴリー
あさか大師

令和4年5月21日

 

毎月21日は、お大師さまのご縁日です。私は毎日お護摩を修していますので、特にお大師さまの〈縁日護摩〉という日を設けてはおりません。それでも21日というと、どことなく力が入ります。本日は土曜日だけあって、弟子の僧侶の方が集まり、勢いよくお護摩を修しました。また、その後に二名の方の得度式とくどしき(仏門に入る儀式)がありました(写真)。

私が地方の在野ざいやにあって、僧侶を養成しているには理由があります。それは、名だたる総本山での修行ともなれば、何かと敷居しきいが高く、仕事を休まねばならず、剃髪ていはつ(髪をおろすこと)が義務づけられているからです。また、多くは年齢制限もあり、費用もかかります。途中で脱落する方が出るのも、無理はありません。

四度加行しどけぎょうという修行に入っても、大勢でいっしょに伝授されますので、行法の意味を解説されることもなく、質問も許されません。もちろん、そこにはそれなりの伝統ある深義があります。しかし、大方の修行者は何をしているのかわからないまま、傳法灌頂でんぼうかんじょうという秘儀を経て資格を得ます。また印可いんかという、いわゆる〝お墨付き〟をいただいても、何の説明もされません。これは〝集団〟で育成する当然の結果なのです。

私はこうした理由から、信仰心にあふれる求道者のために、ささやかな門を開きました。自分の理想にはまだまだ至りませんが、それでも工夫を重ね、縁ある方と共に歩んでいます。ご信徒のことはもちろんですが、これが私に課せられた責務であると自戒し、これからも励んでまいります。

金運宝珠護摩のお参り

カテゴリー
あさか大師

令和4年5月15日

 

本日は第三日曜日で、午前11時半より金運宝珠護摩きんうんほうじゅごまのお参りがありました(写真・お護摩点火の前)。雨が心配されましたが、曇り空にとどまり、お参りの皆様と力強い祈りを捧げました。コロナ禍ときびしい経済状況の中、少しでも金運増大の祈りが叶うことを願ってやみません。

私が「金運」などという、〝俗〟ともいえる行事を催している理由は、お金に対する偏見を打開したいためです。

人はよく、お金を「汚いもの」と思う風習があります。私が子供の頃はよく、「誰が触ったかわからない、汚いもの」という言葉を耳にしました。手垢てあかで汚いという意味なのでしょうが、どうも本音は別にあるように思います。つまり、手垢で汚いと思っていると同時に、「カネを持っているヤツは汚い」と思っているからです。そして、欲にからんだヤツの手を渡って来た以上、「カネというヤツも汚い」とまで偏見が拡大していきます。

これは、明らかな間違いです。なぜなら、お金は人が欲する何かを世の中に与えぬかぎり、決して与えられないからです。それには、相応の能力と徳がなければ叶いません。そして、お金持ちになるには、人の二倍も三倍も努力をせねば叶いません(私自身がお金持ちだという意味ではありません)。よく、世の中は不公平だと言う人がいますが、それはこのルールがわかっていないからです。世の中はこのルールで、誰にでも公平に動いています。

このルールはギャンブルや宝くじにも言えます。ギャンブルで財をなすことはありませんし、宝くじで一億円を当てた人は不幸になります。なぜなら、与えずして与えられたものには、このルールが許さないからです。仕事をやめたり贅沢ぜいたくを極めれば、偏見(!)の眼で見られます。ねたみや怨念おんねんを買います。「悪銭身につかず」と言うではありませんか。時には欲が欲を呼んで、殺人事件にまで発展するのです。

お金持ちと思う人を見てください。必ず、人が欲する何かをたくさん与えています。そして、そのための努力を惜しみません。また、その能力と徳がお金持ちらしい品格を生み出しています。お金を大切にして、支払う時も受け取る時も、お金に対して敬意をはらっているはずです。世の中はふさわしい人に、ふさわしいものが与えられているからです。

金運護摩にお参りをしたからといって、一万円札がパラパラと降って来るわけではありません。それは金運を得る能力と徳が身につくよう、お参りの方の背中を押しているのです。お金はその能力と徳に対しての、またその努力に対しての報酬です。いうなれば、自分自身の分身であり、証明でもあります。自分自身と同様、お金を大切にして、敬意をはらってほしいと私は思っています。

梵字講習会と総回向

カテゴリー
あさか大師

令和4年5月8日

 

ゴールデンウィークが明けて、昨日と今日は月初めの行事日となりました。

まず、午前10時半より、あさか大師僧侶の皆様への梵字講習会がありました。独特の筆法ですが、なかなか学ぶ機会がありません(写真)。現代は僧侶の方も毛筆が苦手で、葬儀の戒名や墓前のお塔婆でさえ、パソコンとプリンターが活躍しています。ましてや梵字の講習会など、めったにありません。皆様、持参した筆ペンで、懸命に練習をしました。

ついでですが、仏具店にお位牌を注文すると、真言宗の場合は必ず梵字が入って仕上がって来ます。ただ、職人さんの手によって書かれますから、正しくない場合もあることはいなめません。また、国道に面した石材店で、よく石塔を見かけます。ほとんどが庭園用なのですが、これも間違って彫られている場合があります。

何ごとも、間違いなく伝わることはむずかしいものです。参加した皆様には、正統な梵字を習得してほしいと思います。

また、午前11時半のお護摩、昼食を経て、午後1時からは月例の総回向となりました。新緑につつまれ、キジが鳴き、薫風が漂う中、気持よく読経をしました。皆様、誰もが、早くコロナの蔓延まんえんが終息することを願っています。もう、3年もお会いしていない方もおりますが、また元気にお参りをしていただきたいものです。

金運護摩と回向法要

カテゴリー
あさか大師

令和4年4月17日

 

本日は第三日曜日で、午前11時半より金運宝珠護摩(写真上)を、午後1時より回向法要(写真下)を修しました。またまたコロナ感染者数が増えて、お参りを遠慮する方が多いようです。それでも、お集りの方々と元気に読経をしました。

私ごとでありますが、このところ九星気学の著書執筆に専念しています。九星気学は以前にも出版しましたが、品切れとなり、お問い合わせや再刊のご要望が多くなりました。今月中の脱稿を目ざしていますが、そのため、なかなかブログが書けません。お待ちいただいている方には申し訳ないのですが、何とぞご理解ください。頑張りますので。

ツアー参拝

カテゴリー
あさか大師

令和4年4月3日

 

本日はパワースポットを巡る、ツアーでの参拝がありました(写真)。

全員が熱心に合掌し、真剣に祈る姿はさすがです。初詣や御朱印ごしゅいんにお越しの方とは、いささか違っていました。そして、眼も耳も超えていらっしゃるようで、他のお寺とどこが違うのかを見ておられたようにさえ思いました。

私も僧侶の方も緊張しましたが、どのように思われたか、いずれはお聞きしてみましょう。午前中から忙しい一日でした。

総回向と桜まつり

カテゴリー
あさか大師

令和4年4月2日

 

本日は月始めの総回向を修しました。うららかな日和ひよりの中、皆様が熱心にお集りくださり、光明真言こうみょうしんごん(真言密教が最も重んじるマントラ)が堂内に響きました(写真)。ご回向は、この霊気との調和が大切です。

そして、総回向の後は昨年に続き、第二回の〈桜まつり〉を挙行しました。今年はまさに、満開の勝縁です。言葉にもならない景観に、ただただ感激でした。〈八丈太鼓はちじょうだいこ〉様のご披露に続き、飛び入り参加で大人も子供も、車イスの高齢者も、それぞれに夢中でした。

うれしくも、楽しい一日。人生もこのようにありあたいものです。お集りの皆様、僧侶の皆様、ご来賓らいひんの方々、みんなのアイドルであるイングランドポニーの〈はなちゃん〉、ありがとうございました。

桜満開

カテゴリー
あさか大師

令和4年3月31日

 

あさか大師の桜が、本日満開となりました。新緑に映えて、まぶしいばかりです(写真)。今朝からたくさんの方々が花見に訪れ、カメラマンの姿も絶えません。

美しく咲き、短くも散る桜の潔さは、まさに日本人の魂です。いや、よけいな講釈はやめておきましょう。明後日の〈桜まつり〉まで、この満開が保ちますよう。お大師さまも、お喜びくださいますよう。皆様も、ぜひお越しくださいますよう。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ