カテゴリー : 社会

他人の悪口、自分の悪口

カテゴリー
社会

令和2年5月22日

 

人はよく誰かの悪口を言っては楽しみ、時間をつぶし、ストレスを解消します。男性どうしが焼き鳥屋に入れば、悪口にはこと欠きません。女性どうしが喫茶店に入れば、これも悪口にはこと欠きません。会議や会合の席では何もしゃべらなかった人が、まるで油紙へ火をついたようにペラペラとしたが回るのです。それぞれが一緒になって悪口を言っている場合もあれば、一方的に悪口を聞かされる場合もあります。ところが聞かされる人も、しだいに相手の悪口に乗ってしまうのはどういうことなのでしょう。

そして悪口はめぐめぐって、「あの人があなたの悪口を言ってたよ」と、当人の耳にも届くものです。またそれを伝えた人からも、「この人は影で悪口を言う人なのか」と思われてしまいます。さらに、「もしかしたら、私の悪口も言っているのでは」となって、互いにまずい関係になってしまいます。少しのほころびが、人間関係の亀裂きれつへと発展するからです。

こうなると、もう収集がつきません。なにを言ったかにを言ったで、今度はうわさ話に発展します。うわさ話は次の人に伝わるごとに、必ず誇張されるのです。また、うわさ話はそれを弁解したり、否定したりするほど真実味を帯びるから不思議です。ささいな悪口が、とんでもない事件に発展する可能性すらないとはいえません。舌が他人をきずつける刃物になることを、「舌刀ぜっとう」とまで言うのです。

そして、最も重要なことを申し上げましょう。それは自分が言った悪口を一番多く聞いているのは、ほかならぬ自分自身であるという事実です。私たちは他人の悪口を言っているつもりでも、実は自分の悪口を言っているに等しいという意味がわかりますでしょうか。他人の悪口を並べ立てる相手を好きにはなれないように、自分が悪口を並べ立てれば、無意識のままに自分を嫌っていくものなのです。

私も若い頃は、著名な人を批判しては得意になっていたものでした。こういう習慣が身につくと批判は悪口とし、身辺の人の悪口に発展したものです。そして、最もみじめなのは自分なのだという事実すら気づきませんでした。若気わかげの至り、不徳の至りとはいえ、おはずかしいかぎりです。

それでも二十代の半ばからお大師さまの教えにふれ、自分のことを大切に思い、人を思いやることの大切さを知りました。いろいろな遍歴を重ねましたが、今では人のお役に立てることが楽しくてなりません。人のために尽くしていれば、その気持ちはおのずから伝わるものです。そして、私に会いたいと思ってくださる方が増えてまいりました。全国からいろいろな方が集まって来ています。一般の方はもちろんですが、僧侶の方もお見えになっています。まだ二年目のささやかなお寺ですが、皆様もぜひお越しになってください。「悪口など言っている場合じゃない」と、思うようになりますよ。

ここで気を許すな!

カテゴリー
社会

令和2年5月16日

 

新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が、まず三十九県で解除されました。

宣言期間中は、国民の多くが強いストレスや危機感を感じたことと思います。外にも出られず、学校にも行けない子供たちは勉強も遅れ、友達とも遊べぬ不満が重なったはずです。また、ご主人もお子さんもいる狭い家の中で、炊事も家事も休めぬ主婦は言葉も乱暴になったかも知れません。家族や夫婦間のDVが増え、「コロナ離婚」なる冗談じょうだん(もしや本音!)まで耳にする始末でした。一方、お店も工場も未曾有みぞうの危機に立たされています。すでに倒産した会社も、数知れません。補助金や借入れで乗り切れるかどうか、まさに瀬戸際せとぎわ様相ようそうです。

また、マスクや消毒液すら、なかなか手に入らない状況は今も続いています。一時はティッシュやトイレットペーパーまで不足する有様でしたが、こちらはほとんど復旧しました。食品も、納豆ばかりは「一家に一パック」などと表示されていますが、さほどのことではありません。私は戦後の生まれですから大きなことは言えませんが、終戦を経験した方ならどうということもないはずです。サツマイモのツルを食べてえをしのいだお話をうかがえば、まだまだ楽な時代だと思います。

物に不自由する生活を、初めて経験した国民も多かったことでしょう。つまり、〝平和ボケ〟した私たちはかつを入れられたのです。また人類の愚行ぐこうに対して、地球そのものがリセットを強いられたのです。このブログでも何度かお話をしましたが、この世は無常なのです。いつ何が起きるかわからない、変わらないものなど何ひとつないということなのです。平和で安心して暮らせる社会など、この世にはないのです。それだけに、私たちは危機感に対してもっと敏感にならねばなりません。地震や台風だって、いつやって来るかはわかりません。誠実でまじめに生きていても、どんな凶悪が迫っているかはわかりません。私も昨年は台風被害を経験しましたので、早くも備えを固めています。

コロナウイルスの件にもどりますが、ここで気を許してはなりません。もし二次感染が増え、再び非常事態宣言が発令されることになどなったら、今度こそ最悪です。人は「もう大丈夫だろう」という時が、一番あぶないのです。九割かた終ったと思って安心すると、最後にミスをします。これで勝ったと思って油断すると、最後に逆転されます。おそらく、一年ほどは警戒を続けねばなりません。専門家の意見にも耳を傾けましょう。

多くの人々が外出を始め、仕事を始め、お店にも入り始めています。もう一度申し上げますが、「もう大丈夫だろう」という時が一番あぶないのです。「ここで気を許すな!」と、おまじないのように何度でも唱えることです。声に出すと、人は実行するものです。そうなのですよ。

めったにないもの

カテゴリー
社会

令和2年5月5日

 

枕草子まくらのそうし』第七十二段に「ありがたきもの」、つまり「ることがかたいもの」「めったにないもの」として次のような例がげられています。

まず、「しゅうとにほめられる婿むこしゅうとめにほめられるよめ、毛のよくぬける銀の毛抜けぬき、主人の悪口を言わぬ使用人」と。舅と婿、姑と嫁の関係は、平安時代から変らないということです。舅は娘かわいさに、お婿さんに多くのことを求めます。また姑は、まるで息子がお嫁さんにうばわれたような感覚におちいるのは、今も昔も同じなのでしょう。最近では同じ家に同居しながら、姑と嫁がまったく口もきかないという例を耳にします。銀の毛抜きは当時の女性がまゆをぬいて、眉墨まゆずみで描くための必需品でした。優品は少なかったのでしょう。そして、使用人は影で主人の悪口を言いながら、人使いの荒さに耐えていたのです。ほどほどの悪口なら、許してあげましょう。

次に、「欠点のない人、評判がよくても世間から少しの非難も受けない人」と。この時代にインターネットがあれば、まず話題に欠くことはありません。ことにし暑い京都で束帯そくたい十二単衣じゅうにひとえなどを着用していたら、ねたみ心の一つも発散しなければやり切れなかったのでしょう。凡人の悲しさというものです。

次に、「同じ職場で礼儀を守っていても、最後まで本音を出さないこと」と。人の本音は必ずどこかに現れます。居酒屋で語ったほんの一言ひとことは、回り巡っていつかは相手に伝わるものです。「かべに耳あり、障子しょうじに目あり」なのです。そして「口は災いのもと」なのです。

次に、「本を写すのに、原本を墨でよごさぬこと」と。この時代にコピーがあれば、こんな気づかいは無用でした。私も白衣や法衣によく墨をつけるので、この気持がよくわかります。

最後に、「男女の間でも、女どうしでも、最後まで仲が良いこと」と。特に、女性どうしの仲のよさには用心せねばなりません。親しい仲と思って気を許すと、とんでもない間違いをしてしまいます。いつも連れ立っているから、よほど仲がよいなどとは決して思わぬことです。このことでは、私も何度も失敗をしました。

清少納言せいしょうなごんという彼方かなたの女性と、もしも茶飲み話でもしたならば、腹の底まで見透みすかされるに違いありません。人間に対しても自然対してもするどく、味わい深い観察眼には驚くばかりです。このような才女とは、本の中でさえつき合っていれば、互いに飽きることもありません。私の大切なガールフレンド(!)です。

日本人の弱点

カテゴリー
社会

令和2年5月1日

 

日本人に弱点があるなら、それは何かと問われた場合、私は「ずかしがることでしょう」とお答えしています。

日本人は勤勉であり、清潔であり、思いやりを持った国民です。しかし自分を表現することとなると、残念ながらがいして積極的ではありません。それは、恥ずかしがる気持ちが根底にあるからです。そのことは外国人と比べれば、すぐにわかります。ご存知のように、多くの外国人は強烈に自分をアピールし、「イエス」か「ノー」もはっきりさせます。欧米はもちろん、アジア諸国の方々でさえ同じです。お隣りなのに、中国や韓国と方々ともかなりの差があります。

もちろん、恥ずかしがることにも美徳があると私は思います。謙遜けんそんで出しゃばらず、失敗をはじとすることによって、平穏な社会を保つことができるはずです。曖昧あいまいではあっても、その繊細せんさいな配慮が人間関係を円満に処理しているともいえましょう。これは日本人の文化であり、国民的な伝統として賞賛しょうさんすべき一面はあります。

しかし、恥ずかしがることがまったく意味をなさず、無能な人間とまで見なされる可能性も多分にあります。現代社会は自分でアピールをしなければ、何も進みません。他人から聞かれるまで黙っているようでは、認めてもらえません。政治でもビジネスでも、交渉力や説得力の強さが求められるのは当然です。日本人はこのことを、しっかりと自覚する必要があります。そして子供の時から、自分の意見をアピールする教育をすべきです。ただ「おもしろかった」「楽しかった」だけではなく、何が、どのように、どうしてかを主張する訓練をすべきです。

いつも思うのですが、テレビで外国の政治家がスピーチをしている姿を、そのまま映画の一場面として想像しても、何ら遜色そんしょくはありません。俳優さんにも女優さんにも見えてくるはずです。では、日本の政治家はどうなのでしょう。もちろん、上手な方もいます。しかし、いまだに下を向いて原稿の棒読みしている方も多いはずです。そして、どうしても言葉の間に、「あのー」「あのー」と連発します。これは日本語の構造上、何か原因があるのでしょうか。

真言密教の曼荼羅まんだらにはたくさんの諸仏しょぶつが描かれています。そして、それぞれに個性が豊かで表現力に満ちています。如来にょらいさまも、菩薩ぼさつさまも、明王みょうおうさまも、そして天部てんぶの神さまも、いろいろな持ち物で誓願せいがんを示し、光かがやき、微笑ほほえみ、歌い、踊り、音をかなでています。私たちに「このように生きなさい」と教えているからです。

やっかいな世の中

カテゴリー
社会

令和2年4月26日

 

私たちはよく、「お気持ちはわかりますけど」などと言います。しかし、本当に他人の気持ちがわかるものでしょうか。いや、気持ばかりではありません。性格や人柄、才能や能力、健康や病状など、本当にわかっているのかといえば、多いに疑問です。

私はいろいろいとご相談ごとを受けますので、第三者の性格を言い当てたりしますと、「そんなことまでわかるのですか!」と驚きの返事を耳にします。しかし、実際は〝そんなことしか〟わからないのです。でも、そんなことしかであっても、かなりいい方です。普通なら、それすらわからないはずです。

このことは第三者に限りません。親のことさえ、夫や妻のことさえ、子供や孫のことさえ、親しい友人のことさえ、同僚のことさえ、実はわからないことが多いのです。長い間いっしょに暮したり、つき合いをして来たというのに、これは厳然げんぜんたる事実です。にもかかわらず、私たちは平気で他人をああだこうだと評します。陰口かげぐち噂話うわさばなしなどは、その代表的な例です。自分の眼で見たわけでも、耳で聞いたわけでもありません。よく理解してもいないうえに、多くは想像なのです。それを、まるで自分が確認したかのように言いふらすのです。

テレビやネットの情報も、新聞や週刊誌の記事もまた同じです。わかってもいない他人のことです。直接に本人が語ったわけでもないのです。事情も知らないはずです。押し寄せる情報や記事のすべてを信じてはなりません。何が正しいのか、何が間違いなのか、よくよく選択をせねばなりません。

だから、他人の気持ちがわかるなどと、軽々しく口にすべきではないのです。相手のためと思ってしたことでも、理解が不足していたり、ありがた迷惑になることもあるはずです。そのことをわきまえることです。そうすれば自分の善意が伝わらなくとも、いきどおることもなくなりましょう。相手をうらんだり、悪く言うこともなくなりましょう。

私たちはもともと、やっかいな世の中に生きていることを知らねばなりません。誤解があり、矛盾があり、理不尽に満ちているのです。そういう世の中に生きているのです。そうでしょう、皆様。

立食パーティー

カテゴリー
社会

令和2年4月25日

 

外国映画をみて感じることの一つは、パーティーのマナーが実に身についているということです。特にビッフェスタイルの立食パーティーでは流れに沿って歩きながら、グラスの取り方にも返し方にも無理がありません。料理を口にすることは少なくても、知人との挨拶や初対面者との会話が上手じょうずで、とても豊富です。つまり、こうしたパーティーは食べることが目的ではなく、交流の場であるということをよく心得ているということです。また、こうしたマナーを子供の頃から教えられているのでしょう。

それに比べると、日本人の立食パーティーは、大方が及第点とはいえません。たいていは親しい者どうしで寄り添い、高齢者はイスに座り、交流を広めようともしません。その会話も、普段のおしゃべりと大差があるとも思えません。そして、あり余るほどの料理を、ただガツガツと口にするばかりです。オードブルがあり、中華があり、パスタがあり、寿司があり、デザートがあり、いったい何が目的であったのかも忘れるほどです。食べることにはその方の本性ほんしょうが出ますから、意外な一面が見えることも否めません。

私は以前、こんな経験をしました。宗門の青年会に呼ばれ、講師としてお話をしましたが、夕方には定番の立食パーティーとなったのです。ある若い僧侶と挨拶をして、かなり意気投合しました。名刺交換もして、私の寺に訪ねたいとも言い出しました。私は快く承知したのです。ところが彼は、「ちょっと料理を取って来ます」と言うや、山のように皿に盛って戻って来ました。状況は一変しました。彼は私と会話するより、食べることに夢中になったのです。それも好きなものだけを口にして、余分なものは眼中にもなく残すではありませんか。そして、その眼は運ばれてくる新しい料理に向っていたのです。失礼ではありましたが、私はもう彼と会いたいとは思わなくなっていました。

日本人にはすぐれた才能や繊細な感性がありますが、こうしたマナーは学校でも企業でも教えません。にもかかわらず、外国人との交流は増える一方です。英会話に力を入れるのもけっこうですが、こうした分野にも視点を注いでほしいものです。たかが食事ぐらいで、などとあなどってはなりません。食事をする姿にはその人の生い立ち、親の養育としつけ、教養と品格、極端にいえば、人生のすべてが現れるからです。

ついでに申し上げますが、ひとかどの人物は、パーティーには前もって食事をしてから出席するとのことです。皆様はいかがでしょう。「ひとかどの人物」でしょうか?

緊急事態

カテゴリー
社会

令和2年4月4日

 

今日・明日と、月始めの総回向ですが、コロナウイルスによってお参りも少なく、マスクをしたまま間隔かんかくけてのお参りでした。こんな経験ははじめてのことで、さびしい思いはいなめません。それでもコロナウイルスが一日も早く終息することを祈りました。そして弘仁こうにん九年(平安時代)の疫病のおり、お大師さまが『般若心経』の功徳によってこれをしずめられた史実にかんがみ、私たちの責務についてもお話をしました。(写真)。

ついでながら、あさか大師お隣りの桜も先日の満開時に降雪となり、また翌日は突風となり、かなり散ってしまいました。それでも最後の〝なごり桜〟をお目当てに、老人ホームの皆様が集まりました。そして、私も車イスの皆様を励ましました。今日の一日にあっては、うれしいご報告です。

社会全体が異常な停止事態となり、特にお客様が集まる職業は危機にひんしています。総理の宣言を待たずとも、もはや緊急事態なのです。日本は戦争もなく、台風や震災以外は平和に過ごして来ましたが、これこそは過酷かこくなまでの試練でありましょう。そして、人類への警告でありましょう。この緊急事態を乗り越えてこそ、何かを学び、何かを得るのです。そして、この世は無常であるという真実を知るのです。試練も警告も大きな訓戒くんかいとなることを念じてやみません。

スキンシップ

カテゴリー
社会

令和2年4月3日

 

初期の角川映画に、小松左京原作の『復活の日』という印象的な作品がありました。ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、南極大陸に863人を残し、イタリヤ風邪によって人類が滅亡するというストーリーでした。

映画ではイギリス陸軍が試験中だった細菌兵器がスパイによって持ち出され、そのスパイが乗った小型飛行機がアルプス山中に墜落ついらくしていまいます。そしてくだけ散ったウイルスが猛威をふるい、イタリヤ風邪としてアッという間に全世界に広まってしまいます。はじめは家畜の疫病や新型インフルエンザと思われたのですが、心臓発作による突然死が相次ぎ、おびただしい犠牲者を続出させます。そして暴動やパニックが勃発ぼっぱつしても病原体の正体がわからず、ワクチンも研究できないまま人類は滅亡します。ただ酷寒こっかんの南極大陸にいた観測隊だけは、感染をまぬがれました。そしてこの生き残った人たちで〈南極連邦委員会〉を組織し、その中から新しい人類が復活するという、そんな内容でした。

この映画は人類滅亡の要因を核兵器や震災ではなく、ウイルスという視点でとらえたところが新鮮で、かなり話題になりました。そして細菌兵器という愚行ぐこうとは異なりますが、このたびの新型コロナウイルスとも、通じるものがあります。生命をおびやかすウイルスの恐怖は、映画も現実も同じなのかも知れません。

ところで外国映画、また外国人が登場する映画で痛感することは、いかにスキンシップが多いかということです。挨拶といえばまず抱擁し、ほほにキスをし、何度も握手をします。中国や朝鮮半島の人ですら例外ではありません。

日本人は苦手ですが、スキンシップはとても大事なことだと私は思います。人は触れ合うことでより親密になるからです。しかしウイルスに関しては、これがあだになるようです。アメリカで急速に感染者数が増えた事実を思えば、そのことは十分にご理解いただけましょう。

しばらくの間は、体が触れ合う行為には注意が必要です。たとえご夫婦や恋人同士であっても、十分にご注意を。よけいなお世話と思うでしょうが、それほどの緊急事態だということです。乗り越えねばなりません。

無常としてのコロナウイルス

カテゴリー
社会

令和2年4月2日

 

この度のコロナウイルスのことを考える時、私は仏教の〈無常〉という教えを痛感せずにはいられません。

無常とは世の中は常ではないということ、常に移り変わるということ、いつ何がおこるかわからないということです。だから無常というと、一般には〝むなしい〟という響きがともないます。しかし、そうとばかりはいえません。変わるということは、生まれ変わるということ、生まれ変わるチャンスでもあるということなのです。

コロナウイルスは人類への警告です。増上慢ぞうじょうまん夜郎自大やろうじだいに走った人類への警告です。このような緊急事態は人類が始まって以来、一度として経験したことがありません。国や地域ごとにコレラやペストが流行はやっても、地球規模でのこのような感染に及んだ歴史はありません。それだけに、人類は未曽有みぞうの危機に直面しているのです。そしてこの危機に直面してこそ、謙虚に反省し、地球規模で生まれ変わる〝無常のチャンス〟を与えられているともいえるのです。

ただ、コロナウイルスはあまりにきびしく、相当な苦悩と犠牲と損害が強いられることは否めません。感染はますます広まりましょう。若いから、健康だから、体力があるからといった思い上がりも通じません。「自分だけは大丈夫だろう」といった、楽観も許されません。かくいう私とて、どうなるともかぎりません。

ただ一つだけいえることは、この無常という現実を受け入れ、苦しみに耐え、希望に向って努力を続けることが大切であるということでしょう。人は誰でも、苦しみに耐えたいなどと思うことはありません。平穏に過ごしたい。無事に暮らしたいと常に思っています。それでも、この世は思うようにはいかないものです。そして皮肉なことに、苦しみに耐えることが人を育てる根底でもあるのです。人生の楽しみは人を幸せにしますが、苦しみもまた人を幸せにするからです。

無常の教えは、生まれ変わるチャンスであることを私は信じています。人類は何を学び、何に向って進むのでしょうか。荒海あらうみの中にあって、今は陸もなく船も見えません。それでも、たどり着く小さな島があることを、私は信じています。失うこともあれば、得ることもあるのです。だから、無常なのです。

新・資本論

カテゴリー
社会

令和2年3月18日

 

数日前、コンビニに寄りましたら『堀江貴文の新・資本論』(宝島社新書)という著書が目につき、購入しました。「知らないと一生搾取さくしゅされるお金の正体」というサブタイトルにも、興味をそそられたからです。またお金について、堀江氏がどのように考えているのかを知りたかったからです。

印象に残ったのは、お金とは信用だということ、紙幣しへいがすなわちお金と思うのは幻想だという点でした。たとえば、失礼ながら皆様の財布に一万円札があるでしょうか。ありましたらその一万円札を取り出し、じっと見つめてみてください。さて、それは本当に〝一万円〟でしょうか。また、どうしてそれを手にしているのでしょうか。

堀江氏はすなわち、それは「一万円という信用の数値化」だと言っています。つまり、社会が皆様の働き(信用)に対して、それを評価した数字だという意味です。人はお金を求めて追いかけますが、実はお金はその足あとで、結果として残されたものなのです。社会に対して何を与えたか(堀江氏はこれを投資と表現しています)、どんな人脈を得たか(同じくコミュニケーションと表現しています)、それらの総合評価が一万円なのです。投資といっても株式のことではありません。人の役に立つことをしたか、人に親切をほどこしたか、また自分が勉強するための出資をしたか、などです。私も皆様も、一人では生きていけません。必ず多くの方のお世話になるのです。それがコミニュケーションです。これらの総合評価が、すなわちお金だと主張しています。

人はお金があれば何とかなる、自分を助けてくれるのはお金しかないと思っています。そして、それを追いかけます。しかし、お金は結果なのだということがわかっていません。つまり、社会にどれだけの投資やコミュニケーションを持ち、どれだけの信用があるかがお金の正体だというのが堀江氏の考えなのです。

この考え方からすると、自分という正体も見えてきます。人は何となく「自分は自分じゃないか」と思っていますが、生きてきた過去の投資・コミュニケーション、そして信用のすべてが自分であるともいえましょう。過去とは生まれる以前からの自分も含めてです。仏教では「無始むし以来の」自分と表現します。その総合評価が自分の能力であり、自分の徳であり、自分の財産なのです。一万円札を求めるより、一万円の足あとを残すことが肝要なのなのです。堀江氏の主張は、きわめて仏教的なものだと私は思いました。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ