カテゴリー : 水子供養

水子供養の大切さ

カテゴリー
水子供養

令和3年3月2日

 

あさか大師では毎日、毎日のお護摩で諸願成就しょがんじょうじゅのご祈願をしますが、先祖供養や水子供養も朝一番に修しています。特に水子供養に関しては、ホームページをご覧になった一般の方からのお問い合わせもいただきます。現代の日本において、水子供養はお寺の責務として、とても大切だと考えているからです。

しかし、かくいう私も、かつては水子供養にはあまり積極的ではありませんでした。なぜなら、自分の過去の違背いはいや不徳に気を病み、人目をけてこっそりと相談に来る女性や、その弱みにつけこんでは法外な布施を要求する行者や霊能者のイメージがあったからです。また、いたずらに女性の不安感や罪悪感をあおる誇大広告があることも事実です。せっかくお越しいただきながら、お断りしたこともありました。

ところで、皆様は信じがたいと思いますが、日本人の平均寿命が50歳を超えたのは昭和22年以後のことです。つまり、それほどに天寿をまっとうすることはまれであったといえるのです。流産をはじめ、夭折ようせつによる短命がいかに多かったかがおわかりでしょうか。栄養の増大や医療の進化はともかく、私たちが普通に生きていることすら、極めてありがたいことであると知らねばなりません。ならば、母体に宿りながら生縁を得られなかった水子さんたちのために、供養に専念することは当然の勤めではないでしょうか。

水子さんたちは私たちのように、この世の喜怒哀楽きどあいらくを経験していません。天災や人災にさらされることもなく、不和や口論、詐欺さぎ裏切うらぎりのき目も知りません。だから、うらみが積って〝たたり〟をなすほどのことはほとんどありません(つまり、まれにはあるのです)。ただ、自分と同じ母体に宿りながら、無事に生まれた兄弟姉妹たちをうらやましく思うことは間違いありません。この思いを取り除くことが大切なのです。

そして今日、特に青少年の不登校や引きこもり、暴行や犯罪と、水子さんの存在がまったく無関係であるはずがありません。私が水子供養をしなければと思いいたった理由は、実はここにありました。それに、水子さんたちは意外に素直です。しっかりと供養をすれば、多くは気持ちがやすらぎ、心のわだかまりも消えていきます。ましてや戒名をつけて仏門に入れさせれば、申し分がありません。「私の弟子になってしっかり修行していますよ」と、母親の方にはお話をしています。

水子供養のことでお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。ご無理をせずに続ける方法を、共に考えましょう。

水子供養

カテゴリー
水子供養

平成31年4月25日

 

あさか大師では〈水子供養〉のご希望にも応じております。

水子供養と申しますと、水子地蔵が一般的ですが、当山の水子堂は観音さまを本尊としております。お大師さまは高野山におられました時、いつも如意輪にょいりん観音さまを修法しておられましたので、それにちなんだわけでございます。そこで、水子堂の正面には山主(住職)が揮毫きごうした〈水子観音〉の板額がかかげられております(写真)。

水子観音堂
–> 続きを読む

水子供養の霊験

カテゴリー
水子供養
法要

平成31年4月2日

 

あさか大師での〈水子供養第一号〉の方のお話でございます。

昨年の12月に、私はこの寺に越してまいりました。ほとんど身辺の片づけもできぬまま正月準備に突入し、さらに毎日の法務にも明け暮れておりました。そんなある日、ご自分のお嬢様が結婚して3年以上もたつのに、まだ子宝に恵まれないというご相談を受けました。

そこで私は、そのお母様には水子さんがいないかと尋ねたのでございます。するとそのお母様は、その子と一緒に生れはしたけれども、すぐになくなった子がいることをお話しされました。私はさっそく、「戒名をつけて永代供養をしてあげましょう」とおすすめしました。そのお母様は承諾し、これがあさか大師での水子供養第一号(生まれていますので、正確には嬰子えいじとなりますが)となりました。その子のお位牌はいま水子観音堂に安置され、毎日のご供養を受けております。

水子観音堂
–> 続きを読む

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ