山路天酬法話ブログ

続・逆説の真理

カテゴリー
仏教

令和3年6月13日

 

「健康で長生きをしたければ、病気になることだ」と、お話をしました。冗談でお話をしたのではありません。マジメな気持です。仏教はこのように、「逆説の真理」を説くことが多いのです。おわかりいただけますでしょうか。

普通の常識からすれば〝常識はずれ〟と思うことでも、よく考えれば、当りまえのことであることがわかるはずです。決して〈非常識〉ではありません。強いて申し上げれば、〈超常識〉でしょうか。仏教にはこの超常識がたくさん出てきます。

病気ばかりではありません。人はみな、苦しみや悩みを味わうからこそ、目覚めるのです。腹を立ててケンカをしたり、悪口を言ってヤケをおこしたりするのは、どこかで世の中のルールに合わないからです。その分の苦しみも悩みも味わいます。しかし、そのルールに合わない自分に目覚めねば、何も変わりません。痛い目にあわねば、何も変わりません。だから、変わるためのチャンスを与えられているということです。苦しみも悩みもチャンスだということです。

私も若い頃はそれがわからず、さんざんに苦しみ、さんざんに悩みました。自分の意に反すれば腹を立て、気に入らない意見を聞けば反論をしました。腹を立てて声を荒げたところで、何もえきすることはありません。反論(議論ではなく)をして相手を攻略したところで、何も益することはありまん。あと味の悪さが残るに過ぎません。そして、そういう自分の煩悩ぼんのうに苦しみ、悩んでいたものでした。

今でも、煩悩は相変わらず消えません。でも、仏教に触れ、お大師さまの教えに出会ったおかげで、少しだけ変わりました。そして、変わるチャンスは誰でも平等に与えられていることを知りました。皆様が苦しんでいること、悩んでいることがご自分の真実です。そして、変わるためのチャンスなのです。

もうすぐ、蓮の花が咲きましょう。きたない煩悩のどろから、清らかな悟りの花が咲きましょう。お釈迦さまやお大師さまがこの世に出現されたのは、この世に蓮の花があるからです。ぜひ、ご覧になってください。そして、その声を聞いてください。「苦しみなさい、悩みなさい、そしてこのように咲きなさい」と。

チャンスはどこにでもあります。足もとにあります。それに目覚めましょう。仏さまの教えですよ。

逆説の真理

カテゴリー
仏教

令和3年6月11日

 

二十代の頃、坂口安吾さかぐちあんごという作家の作品をよく読みました。全集まで買い求め、小説や評論はもとより、日記や書翰まで読みました。代表作の一つに『堕落論だらくろん』という評論があり、何度もくり返し読みました。終戦直後の荒廃していた日本人に対し、「生きよちよ」という衝撃しょうげきの一言は、何かと話題を呼びました。思い出の多い作家の一人です。

『堕落論』の中でこの作家が主張していることは、「堕落しなければ人は目覚めない」と一言に尽きましょう。つまり、痛い目にあわなければ、人は自分のことが見えてこないのだということです。初めて読んだ当時はショックを受けましたが、しかし、考えてみれば当たり前のことです。人はみな、痛い目にあってこそ自分を反省し、生き方を正すからです。

この論法で考えると、仏教はみな〈逆説の真理〉を説いていることがわかります。普通の常識では悪いこと、不安なこと、困ったことも、それがかえってよい結果をもたらすという意味です。

『般若心経』ではこれを、〈くう〉と表現しています。まなこを開けば、それも救いだということです。かたよらない、とらわれない、こだわらない心が〈空〉です。〈空〉の心で見れば、そのことがわかります。

私は最近、「健康で長生きをしたければ、病気になることだ」と思うようになりました。体に異変を感じ、病院で診察を受ければ、何らかの病名がわかりましょう。その原因もわかりましょう。そこで人は目覚め、反省し、生活を変えるのです。お酒をやめ、タバコをやめ、生活習慣を変えるのです。健康へのチャンスを与えられるのです。これ以外に、長生きの秘訣はありません。

病気は本来、健康を守ろうとする尊い働きです。熱が出るのは害菌を減らし、汗によって毒素を排泄しようとする働きです。痛みが出るのは、血液をさらに集め、病根を壊滅かいめつさせようとする働きです。吐気はきけ下痢げりも、それは同じなのです。もし、このような症状が何ひとつ現れないとするなら、人は体の異常を感じ取り、自分の健康を守ることなど出来るはずがありません。人は病気をしながら健康を保つことが出来るのであり、病気をするからこそ健康で暮らせるのです。

熱や痛みで苦しみ、医者にきびしく注意されなければ、人は変わりません。〈空〉の眼で見れば、それがわかるはずです。まさに〈逆説の真理〉です。病気とは仲よくつき合いましょう。高血圧とも、糖尿病とも、そしてがんとも仲よくつき合いましょう。病気もまた健康の秘訣です。これも仏さまの教えですよ。

コロナ禍の総回向

カテゴリー
あさか大師

令和3年6月7日

 

一昨日・昨日と月初めの総回向を修しました。コロナ禍にあって、ワクチンを済ませた方を含めて、少しずつ参加する方が増えていっているように思います。僧侶の方も列席し、お手本となって読経をしていただきました。また、法要後は6月4日のブログでご紹介した『入社1年目の教科書』をご披露し、法話をしました(写真)。

この本は決して特別なことを述べているわけではありません。しかし、新入社員はもちろんのこと、一般の方にもよい指針になることは確かでありましょう。一見、つまらないと思う仕事でも、要は考え方の問題です。つまらない仕事をつまらないまま終らせるか、大きな生きがいになるかは、私たちの考え方しだいです。

それには仏教的な視点である、かたよらない心、とらわれない心、こだわらない心が必要です。その大きな視点で考えれば、つまらないと思う人も、つまらないと思う時間も、そこには大きなチャンスが隠れています。皆様、それを見つけ出しましょう。まなこを開きましょう。仏さまの教えですよ。

入社1年目の教科書

カテゴリー
未分類

令和3年6月4日

 

最近、『入社1年目の教科書』(ダイヤモンド社)という本が売れていると聞きました。同書はライフネット生命の元社長・岩瀬大輔氏が10年前(副社長時代)に刊行した著作ですが、多くの企業が新入社員の研修テキストとして採用しているようです。そうと聞くと、何となく気になります。さっそく、Amazonの古書で購入してみました。

〈はじめに〉で著者は、最も言いたいことを述べています。①頼まれたことは、必ずやりきる。②50点で構わないから早く出せ。③つまらない仕事はない、の三項目です。次に目次を開きました。ざっと目を通しましたが、私には「なるほど!」と思うほど特別な項目はありませんでした。私の法話集『一話一会(第1集・第2集)』や、このブログで述べていることと大差はないぞというのが第一印象でした。

この著者が何を言いたいのかを一言で申し上げるなら、それは「チャンスはどこにでもある」ということではないかと思います。普通に見ていたのでは何も「ない」ように思うことでも、まなこを開いてこれを見れば、そこには無限のヒント、無限の答え、無限の宝があるという意味です。しかも、それは意外に足もとにあるものです。お大師さまが「まなこあきらかなれば(心の眼を開けば)」とおっしゃっているように、これはきわめて仏教的な視点だともいえましょう。眼をあきらかにしなければ、チャンスは見えて来ません。

同書において、それを代表するのが「カバン持ちはチャンスの宝庫」という一章です。カバン持ちはつまらない仕事、と思ってしまえばそれまでです。上司が誰と会って、何を話すかを見聞きするだけでも、勉強になりましょう。そのチャンスを逃してはなりません。お茶を出すことにも、コピーをとることにも、実は無限のチャンスがあるのです。

私にも思い当たることがあります。二十代の始め、私の師僧が北海道で史上初の柴灯護摩さいとうごま(野外護摩のことで、火渡りもします)を修することとなりました。その時、入門したての私は真っ先にカバン持ちを買って出ました。しかし、北海道には竹もなければ、ひのきもありません。これらは柴灯護摩にはなくてはならないものです。それでも私は、地元で竿さおを購入し、モミの木を檜の代わりにしてこの行事を成し遂げました。思えば、師僧に認められたのは、この時からだったかも知れません。大きなチャンスと大きな収穫を得ることができました。

皆様もどうか、「つまらない仕事はない」ことをきもめいじてください。特に新入社員の諸君は、そのつまらない仕事にまなこをあきらかにしましょう。心の眼を開きましょう。

続・運命のルール

カテゴリー
人生

令和3年5月30日

 

さらに続けますが、運命のル-ルは誰にでも平等です。もちろん、私だって同じです。自分だけは違うなどということは、絶対にあり得ません。次のお話を読んでいただければ、わかっていただけるはずです。

この世の中は自分が与えた分を、自分が得るのです。自分を考えてください。与えた分の姿が、今の自分です。自分の収入も財産も、配偶者も友人も、それが自分の真実です。世の中は幻のようなもの、夢のようなものかも知れませんが、同時にそれが真実なのです。実体がないといいながら、それが真実だと『般若心経』は教えています。

たとえば、スーパースターと呼ばれる人たちがいます。俳優(女優)・歌手・スポーツ選手、彼らや彼女らは世界中から愛されています。血の出るような努力に努力を重ね、世界中の人たちを楽しませる何かを、世界中に与えています。だから、私たちには想像もできないよいうな名声と富を得ています。人は与えた分を、得ることができるからです。

私たちは何を与えているでしょうか。労働力であれ商品であれ、情報であれアイデアであれ、与えた分を自分が得ているはずです。それが自分の能力であり、自分の徳なのです。それが運命のルール、運命の真実なのです。このルールからはずれることはありません。わかりますよね。

では、与えずして何かを得た場合はどうなるでしょうか。人をだましたり、不正をはたらいてうばったものは、必ず奪われることになります。あるいはその分の〝つぐない〟をすることになります。なぜなら、騙したり不正をはたらけば、人のうらみを買うからです。その恨みによって奪ったものが奪われるからです。もちろん、スグにそうなるとは限りません。しかし、いずれは必ずそうなります。また、そのような恨みに囲まれれば、痛い目にあうことも必定です。減給されたり、失業したり、刑務所に入ることになるのです。これも運命のルールです。

私たちは時として失物うせものをしたり、盗難とうなんにあったり、詐欺さぎにあったりします。これも〝つぐない〟の姿です。悪口を言ったり、うそをついたり、腹を立てたりすると、このようなことが起こりやすいのです。私は失物をした場合、「おしかりを受けたな」と思うようにしています。あやまちの〝修正〟をしているからです。痛い目にあった時は、このように思うことです。痛い目にあわねばわからないから痛い目にあうのです。さらに悪徳を積まぬよう、運命はこのようにはたらくのです。人が望もうが望むまいが、信仰があろうがなかろうが、人は何かによって支えられ、救われていることを知らねばなりません。実は、これも運命のルールです。「運命はならされる」からです。もう、このへんにしましょうか。

運命のルール

カテゴリー
人生

令和3年5月29日

 

「すべては預かりもの」だとお話をしました。そして、あらゆる所有は永遠のものではなく、所有するにふさわしい人の預かりものとなって、また次の人の所有になるとお話をしました。極論を申し上げれば、人はこの世で所有するものなど、何一つないのです。人は自分にふさわしいものを、ふさわしい時に、ふさわしい所で、一時預かりをしながら生きているのです。すべてがそうなのです。お金も物も、結婚した相手も友人も、自分にもっともふさわしい縁で、今ここで預かっているのです。この事実を何と思うでしょうか。

ただ、ちょっとだけ例外があります。運命は時として〝ふさわしくない〟人物に預かりものをさせるからです。つまり、運命の悪戯いたずらです。その一つがギャンブルです。ギャンブルには能力も必要でしょうが、そのほとんどは偶然の産物です。宝くじもまた同じで、これは百パーセント偶然に過ぎません。

断言しますが、ギャンブルや宝くじでざいをなすことは絶対にありません。ギャンブルで一時的に大金持になっても、そんな生活が長く続くでしょうか。お金がなくなると、味をしめたギャンブルにまた手を出すのです。そして、最後には一文なしとなって、人生そのものすら失うのです。

宝くじで一億円を当てた人が幸せになるでしょうか。ふさわしくない人がそれを所有すれば、運命のルールが狂うのです。運命のルールが狂えば、人生も狂い、必ず不幸になるのです。食べてはいけないものを食べれば胃が痛み、下痢げりき気をおこすでしょう。それと同じです。一億円に群がる人の憎愛ぞうあい怨恨えんこんを生み、トラブルを生み、殺人事件にまで発展するのです。

あり得ないこととは思いますが、もしも、もしも皆様が宝くじを買って一億円を手に入れたなら、スグにでも社会に還元することです。ユニセフにでも赤十字にでも寄付をすることです。そうすれば、運命のルールは狂いません。もっとも、あさか大師に寄付をしてくださるなら、私がさらにいい方法をソッと教えましょう(笑)。こんなことを言う人はいませんが、私にはその自信があります。なぜなら、この世のものをあの世にも持ち越せる唯一の方法を、私が知っているからです。これはお大師さまにお使えしなければ、言えないことです。

いつもお話をしますが、自分とは〝みずからの分〟なのです。自分にふさわしいものが、ふさわしい出来ごとが、ふさわしい人物が、目の前に現れるているのです。そんな自分を好きになってください。それを忘れて、おかしなことを考えてはなりません。困った人になってはいけません。そうでしょう、皆様。

すべては預かりもの

カテゴリー
真言密教

令和3年5月26日

 

地鎮祭のお話の中で、土地も家も神さまからの「あずかりもの」だと言いました。高いローンを組んで、人生で一番高い買い物をしたというのに、ガッカリなさった方もいらっしゃることでしょう。でも、このお話にはさらに続きがあります。土地や家はもちろんのこと、実は人がこの世で所有する「すべては預かりもの」だとさえ言えるからです。

人はあれも欲しい、これも欲しいと言っては所有を欲します。もちろん、人生の目的はその欲しいものを〝手に入れる〟ことにあると言えましょう。〝もの〟とはお金や物ばかりではありません。多くの男性は名誉や肩書を欲します。女性ならやすらぎのある家庭を欲します。そして、それぞれに異性を欲します。男性が女性を欲し、女性が男性を欲するのは、これも当然のことです。人はまさに、その欲しいものを手に入れるために苦労を重ね、汗を流し、イヤな相手にも頭を下げ、時間を惜しんで働いているのです。

しかし、どうでしょう。手に入れたどんなものであっても、あの世に持ち越すことはできません。一万円札をどんなにため込んでも、あの世でつかうことはできません。人はあの世に旅立つ時、この世で手に入れたすべてのものに別れを告げねばなりません。つまり、あらゆる所有は永遠のものではないということです。この世という、一時いっときのものだということです。自分の努力と縁によって、この世で預かりものをしたに過ぎないといういことになるのです。

もちろん、遺産として家族や身内には残りましょう。でも、その遺産も永遠のものではありません。遺産が多くれば、必ず争いが生じます。仲のよかった兄弟姉妹も、血眼ちまなこになって遺産争いに走り、やがてはその遺産も消えていきます。だから、この世は無常むじょうなのです。これは永遠の真理です。

では、消えて行ったその遺産はどこに行くのでしょう。真言密教はこれを〈虚空蔵こくうぞう〉という倉庫であると教えます。虚空蔵菩薩こくうぞうぼさつが管理する、いわば宇宙の倉庫です。すべての〝もの〟はここにたくわえられ、所有するにふさわしい人の預かりものとなって、また次の人の所有となります。「カネは天下の回りもの」と言うではありませんか。それだけの能力と徳のある人でしか、あらゆる所有はかないません。しかも、それも一時の預かりものに過ぎません。これが所有という、この世の道理なのです。すべては預かりものです。皆様、おわかりでしょうか。

地鎮祭はなぜ必要か

カテゴリー
宗教

令和3年5月23日

 

先日、ある木工会社社長さんの自宅を新築するため、地鎮祭を挙行しました。最近は地鎮祭の必要性を理解し、依頼される建主の方が少なくなったことは残念でなりません。それというのも、施工の工務店が家を建てることの本当の意味を理解し、それを説明することがないからです。何ごとも営利第一で、手間をかけるのが面倒めんどうなのでしょう。会社の発展や技術の向上には力を注ぐものの、昔からなぜ地鎮祭という儀式を行って来たのかを考えようともしません。

今でも本当の大工さんなら、必ず地鎮祭をすすめます。それでも建主が不要だと言い張るなら、自分たちだけででも簡単な〝おきよめ〟をするはずです。たぶん、お酒と塩ぐらいは用意して、充分にお祓いをしてから仕事に取りかかることでしょう。それがけ負った大工としての仕事の作法であるからです。

では、地鎮祭はなぜ必要なのでしょう。そもそも、人はよく土地や家を〝買った〟と言います。もちろん不動産の物件ですから、けっしてお安い買い物ではありません。おそらく、人生の中で最も高い買い物であったはずです。また、長いローンを組んで、何十年もかけて支払いを続けているという方も多いはずです。

しかし、買ったというその土地や家は、いったい誰のものでしょう。もちろん、法律上は買主のものに間違いはありません。しかし、その前にも持ち主がいました。そして、その前にも、またその前にも持ち主がいました。そうすると、その土地は本来、この地球が出来て以来のその土地の神さまのものということになるのです。土地を買い、家を建てると言いますが、実は神さまから〝あずかる〟ということなのです。どんなに大金をつぎ込んでも、それはあくまで、預かりものに過ぎません。

だから、預かる以上は挨拶をするのが当たり前です。その挨拶が、つまり地鎮祭なのです。世の中には様々なトラブルがありますが、その原因は何かというと、それは挨拶をしないからなのです。お世話になったなら御礼を、ご迷惑をかけたならおびをすべきであるのに、その挨拶がなければトラブルになるのは当たりまえです。だから家を建ててそこに住む以上は、神さまに挨拶をすべきなのであり、それが地鎮祭なのです。

地鎮祭をせずに家を建てると、中古住宅であれば入居前の挨拶(おはらい)をしないと、かなりの確率でトラブルが生じます。私は長年の経験から、そのことを知っています。このブログを読んだ方は、このことを肝に銘じましょう。家を建てる前には必ず地鎮祭を、中古住宅に入るなら、その前に必ずお祓いをしましょう。これ、当然のことですよ。

「運が悪かった」からか

カテゴリー
社会

令和3年5月20日

 

先日、こんなお話をうかがいました。その方は車の運転をするのですが、長年にわたって無事故・無違反で、いわゆる〈ゴールド免許〉が自慢だったそうです。ところが最近、たまたま一時停止の道路標識を見落とし、パトカーの警察官に検挙されてしまったそうです。私はその方が冷静で慎重な性格であることを知っていましたので、とても残念なことだと思いました。めったにないことが、この時に起ったわけです。

私はお話の中で、その時の警察官の言葉に興味をいだきました。「あなたは運が悪かったからまったと思いますか」と、その警察官が聞いてきたそうです。その方は一般的な考え方として、まずは「そうでしょうね」と答えたところ、警察官は「だから捕まったんですよ」と忠告してきたと言うのです。

警察官のマニュアルとしてこのようなシナリオがあるのかどうかは知りませんが、私はこの警察官はいいことを言うなと、感心したのでした。なぜなら、車を運転していれば、道路標識よりスピードを超えることなど常にありましょう。やむなく、駐車違反をしてしまうこともありましょう。この方のように、一時停止を見落としてしまうこともありましょう。そんな時に検挙されれば、人はたいてい「運が悪かった」と思ってしまうかも知れません。

しかし、どうでしょう。はたしてこれは、運という次元で済まされるものなのでしょうか。法治国家で暮らす以上、交通ルールを守るのは、また守らなければならないのは当然です。運が悪かったのではなく、守らなかったことが理由であることは誰が考えてもわかることです。ところが人は、警察官への腹立たしさもふくめて、これを運という次元に転換したがるのです。そして、その転換によって少しでも自分をなぐさめているのです。

逆にどうでしょう。交通事故を起こしたのにかすり傷ひとつ負わなかったとするなら、これは運の次元です。まさに、「運がよかった」のです。もちろんそこには、シートベルトをしっかりと締める、スピードも出し過ぎず、わき見運転もしなかったといった、人為的な心がけが加わっていなければなりません。つまり、運は人が引き寄せる、あるいは努力が引き寄せることも事実なのです。

交通違反と運の関係を取り違えてはなりません。しかし、運のよさを心がけ、運を引き寄せる努力は大切です。また運だけに頼るのは、愚かなことです。運に気づかず、運に無関心であることも愚かなことです。おわかりでしょうか。運と心がけ、偶然と必然の微妙な関係がここにあります。

金運宝珠護摩

カテゴリー
あさか大師

令和3年5月17日

 

昨日は第三日曜で、特別に金運宝珠護摩を修しました。コロナ禍の中でさびしい集まりでしたが、僧侶の方もご信徒の方も、力強い炎に祈りを込めました(写真)。

私は財務のことは何もわからず、ただ寺務所の方にお任せしています。また、僧侶の私がお金についてお話できることは、お金は追いかけるものではなく、後ろからついて来るものだということに尽きると考えています。つまり、どうしたらお金が入るか、どうしたら儲かるかを考えるのではなく、どうしたら人のお役に立ち、人に喜んでいただけるか、そのためには何をすべきか、何を与えるべきかが大切だということです。そうすれば、お金は自然と後ろからついて来るものだと、私はそれだけをいつもお話しています。

だから、皆様のお役に立ち、皆様に喜んでいただけるよう努力していれば、寺の経営はお大師さまが何とかしてくださるだろうと、そう思って毎日を過ごしています。仏教が特に〈布施〉を重んじるのはそのためなのでしょう。布施はもちろん、お寺や僧侶への布施ばかりを意味するわけではありません。人に与えることのすべでが布施なのです。やさしい言葉をかけることも、笑顔で接することも、手助けをすることも布施なのです。つまり、自分の仕事にプラスアルファの何かをあたえること、それが布施という意味なのです。

僧侶にとっては〈施餓鬼せがき〉もその一つです。施餓鬼は何かを求めるために修すわけではありません。何も求めず、無欲でもって修します。ただ、与えること、布施をするためだけの目的で修します。しかし、施餓鬼をよく修する僧侶は、何となく豊かになります。暮らしにも困らず、また長命な方が多いのです。これは功徳というものが後ろからついて来る証明です。

こんなお話が皆様の金運のために役立つなら、大変にうれしく思います。いや、きっと役立つと思いますよ。実は、こんなお話をすることそのものが布施なのです。おわかりですよね。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ