2021/06の記事

続・逆説の真理

カテゴリー
仏教

令和3年6月13日

 

「健康で長生きをしたければ、病気になることだ」と、お話をしました。冗談でお話をしたのではありません。マジメな気持です。仏教はこのように、「逆説の真理」を説くことが多いのです。おわかりいただけますでしょうか。

普通の常識からすれば〝常識はずれ〟と思うことでも、よく考えれば、当りまえのことであることがわかるはずです。決して〈非常識〉ではありません。強いて申し上げれば、〈超常識〉でしょうか。仏教にはこの超常識がたくさん出てきます。

病気ばかりではありません。人はみな、苦しみや悩みを味わうからこそ、目覚めるのです。腹を立ててケンカをしたり、悪口を言ってヤケをおこしたりするのは、どこかで世の中のルールに合わないからです。その分の苦しみも悩みも味わいます。しかし、そのルールに合わない自分に目覚めねば、何も変わりません。痛い目にあわねば、何も変わりません。だから、変わるためのチャンスを与えられているということです。苦しみも悩みもチャンスだということです。

私も若い頃はそれがわからず、さんざんに苦しみ、さんざんに悩みました。自分の意に反すれば腹を立て、気に入らない意見を聞けば反論をしました。腹を立てて声を荒げたところで、何もえきすることはありません。反論(議論ではなく)をして相手を攻略したところで、何も益することはありまん。あと味の悪さが残るに過ぎません。そして、そういう自分の煩悩ぼんのうに苦しみ、悩んでいたものでした。

今でも、煩悩は相変わらず消えません。でも、仏教に触れ、お大師さまの教えに出会ったおかげで、少しだけ変わりました。そして、変わるチャンスは誰でも平等に与えられていることを知りました。皆様が苦しんでいること、悩んでいることがご自分の真実です。そして、変わるためのチャンスなのです。

もうすぐ、蓮の花が咲きましょう。きたない煩悩のどろから、清らかな悟りの花が咲きましょう。お釈迦さまやお大師さまがこの世に出現されたのは、この世に蓮の花があるからです。ぜひ、ご覧になってください。そして、その声を聞いてください。「苦しみなさい、悩みなさい、そしてこのように咲きなさい」と。

チャンスはどこにでもあります。足もとにあります。それに目覚めましょう。仏さまの教えですよ。

逆説の真理

カテゴリー
仏教

令和3年6月11日

 

二十代の頃、坂口安吾さかぐちあんごという作家の作品をよく読みました。全集まで買い求め、小説や評論はもとより、日記や書翰まで読みました。代表作の一つに『堕落論だらくろん』という評論があり、何度もくり返し読みました。終戦直後の荒廃していた日本人に対し、「生きよちよ」という衝撃しょうげきの一言は、何かと話題を呼びました。思い出の多い作家の一人です。

『堕落論』の中でこの作家が主張していることは、「堕落しなければ人は目覚めない」と一言に尽きましょう。つまり、痛い目にあわなければ、人は自分のことが見えてこないのだということです。初めて読んだ当時はショックを受けましたが、しかし、考えてみれば当たり前のことです。人はみな、痛い目にあってこそ自分を反省し、生き方を正すからです。

この論法で考えると、仏教はみな〈逆説の真理〉を説いていることがわかります。普通の常識では悪いこと、不安なこと、困ったことも、それがかえってよい結果をもたらすという意味です。

『般若心経』ではこれを、〈くう〉と表現しています。まなこを開けば、それも救いだということです。かたよらない、とらわれない、こだわらない心が〈空〉です。〈空〉の心で見れば、そのことがわかります。

私は最近、「健康で長生きをしたければ、病気になることだ」と思うようになりました。体に異変を感じ、病院で診察を受ければ、何らかの病名がわかりましょう。その原因もわかりましょう。そこで人は目覚め、反省し、生活を変えるのです。お酒をやめ、タバコをやめ、生活習慣を変えるのです。健康へのチャンスを与えられるのです。これ以外に、長生きの秘訣はありません。

病気は本来、健康を守ろうとする尊い働きです。熱が出るのは害菌を減らし、汗によって毒素を排泄しようとする働きです。痛みが出るのは、血液をさらに集め、病根を壊滅かいめつさせようとする働きです。吐気はきけ下痢げりも、それは同じなのです。もし、このような症状が何ひとつ現れないとするなら、人は体の異常を感じ取り、自分の健康を守ることなど出来るはずがありません。人は病気をしながら健康を保つことが出来るのであり、病気をするからこそ健康で暮らせるのです。

熱や痛みで苦しみ、医者にきびしく注意されなければ、人は変わりません。〈空〉の眼で見れば、それがわかるはずです。まさに〈逆説の真理〉です。病気とは仲よくつき合いましょう。高血圧とも、糖尿病とも、そしてがんとも仲よくつき合いましょう。病気もまた健康の秘訣です。これも仏さまの教えですよ。

コロナ禍の総回向

カテゴリー
あさか大師

令和3年6月7日

 

一昨日・昨日と月初めの総回向を修しました。コロナ禍にあって、ワクチンを済ませた方を含めて、少しずつ参加する方が増えていっているように思います。僧侶の方も列席し、お手本となって読経をしていただきました。また、法要後は6月4日のブログでご紹介した『入社1年目の教科書』をご披露し、法話をしました(写真)。

この本は決して特別なことを述べているわけではありません。しかし、新入社員はもちろんのこと、一般の方にもよい指針になることは確かでありましょう。一見、つまらないと思う仕事でも、要は考え方の問題です。つまらない仕事をつまらないまま終らせるか、大きな生きがいになるかは、私たちの考え方しだいです。

それには仏教的な視点である、かたよらない心、とらわれない心、こだわらない心が必要です。その大きな視点で考えれば、つまらないと思う人も、つまらないと思う時間も、そこには大きなチャンスが隠れています。皆様、それを見つけ出しましょう。まなこを開きましょう。仏さまの教えですよ。

入社1年目の教科書

カテゴリー
未分類

令和3年6月4日

 

最近、『入社1年目の教科書』(ダイヤモンド社)という本が売れていると聞きました。同書はライフネット生命の元社長・岩瀬大輔氏が10年前(副社長時代)に刊行した著作ですが、多くの企業が新入社員の研修テキストとして採用しているようです。そうと聞くと、何となく気になります。さっそく、Amazonの古書で購入してみました。

〈はじめに〉で著者は、最も言いたいことを述べています。①頼まれたことは、必ずやりきる。②50点で構わないから早く出せ。③つまらない仕事はない、の三項目です。次に目次を開きました。ざっと目を通しましたが、私には「なるほど!」と思うほど特別な項目はありませんでした。私の法話集『一話一会(第1集・第2集)』や、このブログで述べていることと大差はないぞというのが第一印象でした。

この著者が何を言いたいのかを一言で申し上げるなら、それは「チャンスはどこにでもある」ということではないかと思います。普通に見ていたのでは何も「ない」ように思うことでも、まなこを開いてこれを見れば、そこには無限のヒント、無限の答え、無限の宝があるという意味です。しかも、それは意外に足もとにあるものです。お大師さまが「まなこあきらかなれば(心の眼を開けば)」とおっしゃっているように、これはきわめて仏教的な視点だともいえましょう。眼をあきらかにしなければ、チャンスは見えて来ません。

同書において、それを代表するのが「カバン持ちはチャンスの宝庫」という一章です。カバン持ちはつまらない仕事、と思ってしまえばそれまでです。上司が誰と会って、何を話すかを見聞きするだけでも、勉強になりましょう。そのチャンスを逃してはなりません。お茶を出すことにも、コピーをとることにも、実は無限のチャンスがあるのです。

私にも思い当たることがあります。二十代の始め、私の師僧が北海道で史上初の柴灯護摩さいとうごま(野外護摩のことで、火渡りもします)を修することとなりました。その時、入門したての私は真っ先にカバン持ちを買って出ました。しかし、北海道には竹もなければ、ひのきもありません。これらは柴灯護摩にはなくてはならないものです。それでも私は、地元で竿さおを購入し、モミの木を檜の代わりにしてこの行事を成し遂げました。思えば、師僧に認められたのは、この時からだったかも知れません。大きなチャンスと大きな収穫を得ることができました。

皆様もどうか、「つまらない仕事はない」ことをきもめいじてください。特に新入社員の諸君は、そのつまらない仕事にまなこをあきらかにしましょう。心の眼を開きましょう。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ