2024/06の記事

一番手ごろなサプリメント

カテゴリー
健康

令和6年6月23日

 

サプリメントが大流行ですが、何しろ種類が多く、どれを選ぶかに迷います。費用も大変です。そんな相談を受けた時、私はいつも「エビオス(ビール酵母)がいいですよ」とお話をしてきました。一番手ごろで、費用も安いからです(写真)。

とにかく、その栄養量が半端ではありません。九種のビタミン・九種のミネラル・九種の必須アミノ酸(タンパク質)・亜鉛・葉酸・核酸・食物繊維と、ほとんどを含有しています。一回10錠が目安ですが、慣れればどうということはありません。女性の方には小粒タイプ(スーパービール酵母)もあります。

ただ、ビタミンCとEが足りませんので、マルチビタミンなどで補えば万全でしょう。特に胃腸の弱い方、お腹が張る方、妊産婦の方、虚弱体質の方にはおすすめです。

もちろん健康の基本は食事です。しかし、完璧な食事というのもまた困難なことです。サプリメントも上手に利用しましょう。あれもこれもと手を出さずに、一度お試しになってください。

ものの本質はどこに現れるのか

カテゴリー
お香

令和6年6月20日

 

お寺の生活をしていて、何が変わるかといいますと、臭覚しゅうかく敏感になることです。

常にお香のかおりをかいでいますので、よいも悪いも、臭覚が敏感になるのは当然です。特に上等な沈香じんこう(写真)や伽羅きゃらといったお香を使用していますと、その魂までも清められ、わずかな異臭でもかぎ分けるようになります。

このことは、ものの本質に対しても同じです。お香によって魂が清められると、人の本質がわかるようになります。「うさんくさい」などと言うではありませんか。悪意をもって近づいて来る人は、それらしいにおいを放つものです。美術品の鑑定でも「本物の香りがしない」などというではありませんか。「なんでも鑑定団」の先生方も、最後の決め手は香りなのです。ものの本質は香りと臭いに現れると知りましょう。

お坊さんでも本尊さまを大切にして、高貴なお香を使用してお勤めをしている方は、どことなく高貴な香り(つまり、仏の香り)が漂うものです。教義だけを勉強しても、この心がけがないと、うさん臭くなるかも知れません(笑)。

最近は若い方にもお香が流行して、とてもよいことです。日頃のストレスを、お香によっていやしていただきたいものです。皆様もぜひ、お香の専門店を訪ねてみてください。魂までも清められますよ。

続々・金運宝珠護摩の霊験

カテゴリー
金運

令和6年6月17日

 

昨日、金運宝珠護摩が奉修され、大勢の皆様が参詣されました(写真)。護摩木のお申込みも多く、護摩壇の脇机わきづくえがあふれるほどでした。

このお護摩ではお大師さまの本体である〈如意宝珠〉を本尊としてお迎えしますが、ほかにもたくさんの神さまをお迎えして、お働きいただけるようお願いします。つまり、仏さまと神さまの両方のお力をお願いするわけです。

特に神さまにお願いする場合は注意が必要で、ご機嫌きげんを損じぬよう配慮せねばなりません。そのことをお話して、金運アップを念じました。いくつかの霊験も報告され、それを耳にした方々の励みになったと思います。来月もまた、ぜひご参詣ください。

続・金運宝珠護摩の霊験

カテゴリー
未分類

令和6年6月15日

 

いよいよ暑くなりましたが、明日の金運宝珠護摩に参詣した方には、〈金運銭〉を差し上げます(写真)。お護摩の功徳をお財布等に入れ、常に持ち歩いてください。

黄色い袋を選んだのは、もちろん金運増大の意味からです。風水では幸せを呼び、活力や変化をもたらすとされ、金運には最適な色とされています。

春の野山に菜の花などの黄色い花が多いのは、冬の寒気を脱して活力を得るためです。黄色い花を見ると、元気になることがわかりますか。

少しでも金運アップを感じた方は、来月には御礼金を加えて返納してください。御礼金を加えると金運の神様が喜びます(!)。これは本当のことです。その心がけがまた、新たな金運を呼ぶのです。

金運宝珠護摩の霊験

カテゴリー
金運

令和6年6月12日

 

あさか大師では6月16日(日)午前11時半より、人気の金運宝珠護摩が奉修されます(写真)。毎月多くの皆様がお参りを待ち望んでいますが、初めての方もぜひお越しになってください。

もちろん、このお護摩にお参りしたからといって、お金が天から舞い降りて来るわけではありません。いろいろなご報告が寄せられますが、一番多いのは「仕事が忙しくなった」とか、「給料が上がった」などでありましょう。

また、「あやうく詐欺さぎにあうところを助けられた」とか、「貸金が急にもどってきた」といった場合で現れることもあります。特殊な例としては、「親の遺品を整理していたら、現金がたくさん出てきた」などといった、意外なお話もありました。

金運を上げるとは、金運をもたらす生き方や考え方を身につけるという意味です。その生き方や考え方が霊験をもたらすのです。そのためのパワーを送り、背中を押すのがこのお護摩の本義です。

お金の大切さを知り、お金に好かれる人になってください。お詣りの方には〈金運銭〉を差し上げます。皆様のお越しをお待ちいたします。

一日には十日分の価値がある

カテゴリー
人生

令和6年6月9日

 

貝原益軒かいばらえきけん(江戸時代の本草学者ほんそうがくしゃ・下写真)は、「としをとったなら、一日を十日とも思って大切にすべきである」と、その著書『養生訓ようじょうくん』で述べています。つまり、齢を重ねるにしたがって、月日は矢のように早くなるから、一日には十日分の価値があると思ってムダにしてはいけないという意味なのでしょう。なかなか頭の痛いお話です。

また、他人の過失が気に入らなくとも、「梵人だから無理もない」と寛大に受けとめ、決してとがめたり、怒ったりしてはいけない。時間を惜しんで楽しく日々を送るべきだと述べています。さらに、朝は静かな部屋で香をたき、聖人の教えを声を出して読み、心を清めて俗念を去るがよい。風のない日は庭に出てゆっくりと歩き、野の花を愛し、季節の風景を楽しむがよいとも述べています。

益軒は84歳という、当時としては異例の長寿をまっとうしました。著作活動も旺盛で、視力もよく、一本の歯もぬけていなかったようです。妻のハツ(東軒とうけん)は22歳も若い女性でした。夫婦の仲はむつまじく、共に音楽を趣味としました。益軒は琵琶びわを、東軒はそうを得意として、よく二人で合奏していたようです。

貝原益軒の生き方は私にもお手本となりますが、さて、どうでありましょうか。一日を十日とも、十日を百日とも、一ケ月を一年とも思えるか否かです。でも、心がけだけは持ち続けましょう。

6月の伝道法語

カテゴリー
人生

令和6年6月8日

 

6月の伝道法語です。

年齢を重ねれば、誰でも体力は衰えます。視力も脚力も衰えます。しかし、それは同時に体力を必要としない過程でもあるのです。経験を積み、知恵をみがき、人生の苦しみを乗り越えていく過程なのです。

現代人の多くは食事の栄養価も高く、健康への情報も豊かで、医薬品もサプリメントも欠くことはありません。長命であるだけに、昔の人よりはるかに若々しいはずです。それだけに、希望をもって年齢を重ねたいものです。

謙虚に学ぶことを忘れず、知恵をみがきましょう。年齢を重ねることを苦しみとせず、上手に乗り越えましょう。苦しみに耐えることは大切ですが、上手に乗り越えることはさらに大切です。希望をもって年齢を重ねることを、むしろ楽しみといたしましょう。

「人生を変える先祖供養」の集い

カテゴリー
未分類

令和6年6月5日

 

あさか大師では6月1日(土)・2日(日)の午後1時より、総回向法要(先祖供養)があり、多くの皆様が集い、熱心に読経をしました(写真)。

この先祖供養は単なるご回向ではなく、ご自分のルーツにアプローチをして、人生を変えることを目標にしています。その主旨は、

①父母の両家(既婚者は四家)を共に供養すること。

②お導師とご自分の祈りを融合させること。

③毎月継続して、月ごとに総回向をすること。

の3点となります。むずかしいことは何もありません。一ケ月お祈りした功徳を、お大師さまのもとにお届けすればよいのです。会費は一ケ月2千円で、毎日の供養が受けられます。関心のある方はホームページ「お問い合わせ」からご連絡ください。新たなご参加をお待ちしております。

6月の強運ランキング

カテゴリー
九星気学

令和6年6月2日

 

6月5日~7月5日までが、暦法での6月です。庚午かのえうま一白中宮いっぱくちゅうぐうの月で、南が五黄殺ごおうさつ、北が暗剣殺・月破となり、注意が必要です(写真・地図とは逆に下が北になります)。

6月は梅雨に入り、雨や湿気が多くて暮らしにくい時節です。気象予報に耳を傾け、体調管理には充分に配慮しましょう。干支の〈庚〉は変化を、〈午〉は突破を意味し、また一白水星は思索や柔軟性に富んだ象意を示します。

6月の強運ランキングは一位が九紫火星、二位が二黒土星、三位が三碧木星です。

九紫の人は幸運に恵まれ、実力を発揮するチャンスとなります。のんびりと構えるのではなく、何事も積極的に出ることを心がけましょう。また、特に遠方からの情報には幸運があります。

二黒の人はこれまでの努力が報われて、成果を得ます。労を惜しまず、さらに前進しましょう。また、特に目上や上司の引き立てが好機を生むことも心得ることです。

三碧の人は交友が広がり、仕事も趣味も多忙になります。金運にも恵まれる月ですので、信仰への精進にも力を注ぎましょう。ただし、散財には注意が必要です。

そのほかの人はホームページの「今月の運勢」をご覧ください。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ