カテゴリー : 祈祷

疫病退散の写経勧進

カテゴリー
祈祷

令和2年8月17日

 

あさか大師ではコロナウイルス終息を願って、いま『般若心経はんにゃしんぎょう』の写経勧進しゃきょうかんじんをお願いしています。

写経は初めてという方も多いと思いますので、白紙を下にすると文字が浮き出て、上からなぞれる形式の専用紙を用いています。また、筆や筆ペンなど持ったこともないという方は、サインペンや鉛筆でもよいとお話をしています。サインペンや鉛筆なら、子供さんでも写経は可能でしょう。巻末には「疫病退散えきびょうたいさん国家安泰こっかあんたい」と、そしてご自分のお名前と写経日を記入していただき、一巻につき1000円をお納めいただいています(説明書があります)。ご奉賛いただける方には遠方でもお送りいたしますので、メールやお電話でご一報ください。

まだ始めたばかりですが、お納めいただいた写経はお大師さまのご宝前にお供えし(写真)、毎日のお護摩でご祈祷を続けています。字が下手へただからとおっしゃる方もいますが、何の心配もいりません。心をこめて写していただければ、お大師さまはどなたの写経でもお受け取りくださることを申し上げておきましょう。

お大師さまは弘仁こうにん9年(平安時代)の春、天下に疫病が発生した折、時の嵯峨さが天皇てんのうさまにお願いして紺紙金泥こんしきんでいによる直筆の『般若心経』一巻を献じ、鎮護国家ちんごこっかの修法をしてこれを退散させました。これが大覚寺だいかくじ(京都市右京区嵯峨)に秘蔵されるご宸翰しんかんの『勅封ちょくふう般若心経』です。弘仁9年は戊戌つちのえいぬの歳であったので、同じ干支かんしが巡る60年に一度のみ、勅使ちょくしによってこれが開封されています。

また、お大師さまは『般若心経秘鍵ひけん』を著わし、この経典の奥義を解説されました。玄妙な名文で難解かも知れませんが、文章自体にお力がありますので、読誦どくじゅしたり仏前に供えるだけでも功徳になります。実は、私の友人が私財を投じてこれを印施いんせ(無料配布での布施)しました。最初、私に表題を書いてほしいとの依頼を受けたのですが、あまりにも恐れ多いので、お大師さまのご真筆からこれを集字しました。組み合わせに苦労しましたが、何とかまとまったと思います。あさか大師の縮小写真も付録にしました。こちらもご希望の方は、申し出てください。さっそくお送りいたします。合掌

久しぶりの上棟式

カテゴリー
祈祷

令和元年11月9日

 

このところ忙しさに拍車はくしゃがかかり、なかなかブログが書けません。今夜も書いている内に、たぶん日付が変わってしまうでしょう。

今日は久しぶりの上棟式じょうとうしきがありました(写真)。上棟式はむねはりの組み立てが終って神さまに感謝し、建て主が棟梁とうりょうや職人さんをねぎらう儀式です。

最近は地鎮祭も上棟式も依頼が少なく、とても残念です。皆様は苦労をして、やっとの思いで土地や家を〝買った〟と思うでしょうが、実は違うのです。確かに不動産会社や工務店に大金を支払います。人生で最も高価な買い物です。

でも、正確に申し上げるなら、土地や家は買うのではなく、その土地の神さまから〝借りる〟ということなのです。「しばらくここをお借りして居住きょじゅうさせていただきます」という意味なのです。そして、借りる以上は挨拶をせねばなりません。だから、工事の前には地鎮祭を、工事途中には上棟式をするのは、当りまえのことなのです。古い棟梁なら、それがわかっています。建て主がやらなければ、自分たちだけで酒や塩を用いて、地鎮祭や上棟式をします。

しかし、特に建て売り住宅などは、売ることばかりが優先して、地鎮祭も上棟式も眼中にありません。注文住宅であっても、工務店がすすめなければ、建て主もわからいないまま着工し、やがて完成したその家に入居します。

その結果、どのようなことが起こるかは、ここで詳しくはお話しません。ただ、入居して以来、何となく体の不調を訴える方が多いことだけを申し上げておきましょう。そして、そのような方が、私のもとに相談にいらっしゃるという事実だけを申し上げておきましょう。

人生で最も高価な買い物といえでも、借り物なのです。いや、仏教はこの世の一切の所有が、借り物であることを説いています。自分の体も借り物、財産も借り物、地位も借り物です。借りた以上は、いつかは〝返す〟のが当たり前です。また、借りる前と借りた後には、挨拶をするのがこの世のルールです。

もう、おわかりでしょう。やはり、日付が変わってしまいました。このブログは、昨日のものです。

大般若転読加持

カテゴリー
祈祷

令和元年7月21日

 

今日は第三日曜日で午前11時半からは金運宝珠護摩きんうんほうしゅごまを、午後1時からは光明真言法要をいたしました。この金運宝珠護摩は、現代は金運なくしては生き残れないという考えのもとに実修しています。

信徒の皆様はとても熱心なので、逆に私の方が励まされるほどです。そして、お護摩の後は大般若転読加持だいはんにゃてんどくかじを施し、十六善神じゅうろくぜんじん(大般若経の神)のご加護を仰いで、ふりかかる災いに勝てるよう祈願をしています(写真)。これがまた、金運増大の大事な秘訣ひけつでもあります。

世の中はさまざまな災いがふりかかり、たとえ自分が正しくとも、身に覚えがなくても、注意をしていても、いつ何がおそって来るかわかりません。私たちは前向きに進むことも大切ですが、ふりかかる災いに備えるセキュリティーも同様に大切です。善良な市民に向って刃物を振り回したり、歩道の中まで車を突っ込む時代です。いかに物騒ぶっそうな世相であるかは、言うまでもありません。金運に関しても、振り込めサギにあっては、大切な財産を失います。スリにあっては、元もこうもありません。

大般若転読加持は「降伏一切大魔ごうぶくいっさいだいま最勝成就さいしょうじょうじゅ」と唱えながら、経典の風を送ります。風には〝吹き祓う〟力があるからです。大魔を吹き祓って、身を守ることが大般若転読加持なのです。しかも、毎日のお護摩で祈願された経典を用いますので、法力は絶大です。お願いごとを叶えると共に、叶ったものを守るのも私の仕事です。

地鎮祭をしない時代

カテゴリー
祈祷

令和元年7月17日

 

今日は午後から栃木県の実家を訪ね、長屋門ながやもん解体のおはらいをして来ました。私が子供の頃から親しんだ長屋門なのですが、先の震災もあってか、かなりてておりました。栃木県の蔵や門はたいてい大谷石おおやいしを用います。地震には弱いのですが、あの独特の石肌を好む人が多く、最近はかなり高価な石材となりました。

ところで、解体のお祓いといいましたが、正しくは長屋門を立てた土地の神さまにご挨拶をなし、御礼おんれいの供養ををしたという方が正しいのです。長い間お世話になったのですから、これは当然のことです。人間どうしだって、お世話になったら御礼を、ご迷惑をかけたらおびをするのが当然です。これを怠ると、「挨拶もない!」ということになって、これがトラブルのもととなるのです。世の中は単純に考えることが大切で、常識の中にこそ根本原因があることを忘れてはなりません。

現在、建て売り住宅はもちろん、注文住宅ですら、ほとんど地鎮祭じぢんさいをしないことが、私はとても気になります。一生の中で最も高額な買い物をするのに、どうして地鎮祭ほどの経費を惜しむのでしょうか。このことは、地鎮祭など眼中にもない今どきの工務店にも責任があります。しっかりした棟梁とうりょうなら、必ず地鎮祭をすすめるはずです。それは家を建てるとは、どういうことなのかがわかっているからです。また、中古住宅であっても、入居にあたっては、その土地の神さまにきちんとご挨拶をすべきです。これを怠った人が、その後にどのようなことが起こるのかは、人間どうしを考えればわかるはずです。

もっとも、地鎮祭をしない時代だからこそ、私の仕事が増えるわけです。でも、もうこれ以上はやめておきましょう(笑)。家のことでお悩みの方、どうぞご連絡を。

法螺貝

カテゴリー
祈祷

平成31年4月26日

 

あさか大師ではご祈祷の折、法螺ほらがい貝を吹きます(正式には法螺貝を立てるといい、戦場で吹く陣貝じんがいと区別します)。法螺貝はその名のとおり、ホラ貝を法具として用います。貝の中では最も大きいもので、取り付けた金具まで長さ43センチですから、実際には45センチほどはあったことでしょう。法螺貝は山中では首に掛けるため、網に入れるか写真のようなひも(貝の)を結んでさげ歩くのです。

法螺貝(ほらがい)
–> 続きを読む

失物発見法

カテゴリー
祈祷

平成31年4月19日

 

昨日は三宝荒神さまの火伏札についてお話をしました。実は、荒神さまにつきまして、別のお話がございます。それは、私たちが失物うせものをしたり盗難に遭うのは、荒神さまへのご不敬をしたからだという説があることです。もちろん、そんなことは迷信だと思うことは自由ですし、異論を唱えるつもりもございません。しかし、実際に荒神さまにご不敬をお詫びして、実際に失物や盗難に遭ったものが現れた例は数知れません。そして、私はこのことを多くの方々にお話し、その方法を伝授して、どれほど感謝されてきたかも数知れません。

伝授と言っても僧侶の方に限らず、どなたにでも出来る簡単な方法です。ちょっとだけその一部をお見せしますと、下の写真のとおりで、電話でもお伝え出来る程度のものです。
–> 続きを読む

火伏札(ひぶせふだ)

カテゴリー
祈祷

平成31年4月18日

 

昨日は開運星祭りに開眼する四種の祈祷札をご紹介したのでございます。うっかりしましたが、実はもう一つの祈祷札がございました。それが元旦に開眼する火伏札でございます(写真)。火伏札と申しますのは、いわゆる火難除札のことでありまして、昔は「かまど荒神こうじんさま」などとお呼びした三宝荒神さんぼうこうじんの守護札でございます。

火伏札
–> 続きを読む

四種の祈祷札

カテゴリー
祈祷

平成31年4月17日

 

あさか大師では毎年2月第二日曜日の「開運星祭り」に、四種の祈祷札を開眼かいげんしております。四種とは八方除札・不浄除札・盗難除札・虫封札を申します(写真)。

四種の祈祷札
–> 続きを読む

霊符祈願の威力

カテゴリー
祈祷

平成31年4月4日

 

私は霊的な相談を受けた場合、霊符祈願を多用しています。現代は昔のように畳の上でお護摩(ふろしき護摩)を修すれば、たちまちに火災報知器が作動し、鳴動護摩(鳴り釜)を修すればお隣り様から苦情が来るからです。

これまで、意外に依頼が多かったのは子供さんの学習塾からの依頼でした。なぜかと申しますと、子供さんたちは〝純粋〟であるため、霊をよく見るからです。誰かが「オバケがいるよ」などと言い出すや、次から次へと伝わり、どんどんやめてしまうのです。ついには講師の先生までやめてしまうに至っては、オーナーも笑いごとではなくなります。
–> 続きを読む

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ