カテゴリー : 霊

お不動さまが見える

カテゴリー

令和4年10月24日

 

お護摩を修していると、よくお不動さまや観音さま、あるいは龍神さまが見えたという方がいます。写真に撮っても、瞬間的にそのような形に映ることもあります(写真は龍神さま)。また滝修行でも、同じようなことを聞きます。これについて、私の考えを三つの角度からお話しましょう。

その一つは物理的な次元で、炎の濃淡や岩の凹凸などで、顔に見える場合です。私も子供の頃、天井てんじょうの木目が顔に見えて怖くなった経験がありますが、心理学ではこれを〈シミュラクタ現象〉といいます。林や森の樹木を写真に撮ると、よく顔が浮かんで見える場合も同じです。こうした現象があることを、まずは覚えておく必要はありましょう。

二つ目は、いわゆる精神的な信仰の次元で、たとえシミュラクタ現象であっても、それをお不動さまと尊ぶのは自由ですし、それを大事にすることはいっこうにかまいません。滝場では、よく岩の凹凸がお不動さまに見えることがあります。それは岩の凹凸を使って、お不動さまが姿を現したのだともいえるからです。阪神大震災の後、京都の東寺のある樹木の切り口にお不動さまの墨絵のようなお姿が現われ、私はお参りのたびに礼拝しています。ただ、これを一方的に押しつけてはいけません。あくまで、自分の信仰として尊ぶことです。上の写真を単なる偶然だとするならそれもよいし、龍神さまだとするなら、それは信仰として大切にすることです。

そして三つ目は、いわゆる霊的な次元です。私は心霊写真ではないかと持参して来た写真をかなり見て来ましたが、たいていは木の葉やかべの模様が顔のように見えるものでした。しかし、中には間違いのない心霊写真もありました。いるはずもない人の顔や手足が映っていたりすると、ぞっとしたものです。海や川で撮影されたものが多く、この場所やこの付近で亡くなった人だなと思ったものでした。お護摩や滝修行でも、見えないはずのものを見ることは確かにあります。しかし、見えないから信仰が足りない、修行が足りないということではありません。念のため。

ついでですが、寺の住職は「この写真を見てください」といって心霊写真(らしきもの)を見せられた場合、決して笑って済ませてはなりません。その方にとっては、夜も眠れないほど悩んでいる場合もあるからです。また、何ごとも科学的な視点だけで見るのも味気ない気がします。お不動さまのように見えるなら、それはそれで「大事にしてください」とお話してほしいと思います。皆様も気になる写真をお持ちでしたら、どうぞご持参ください。

続続・怖いお話

カテゴリー

令和4年7月27日

 

ご要望にお応えして、もうひとつ。これは昨年のお話です。

たしか、5月頃だったと思います。私はある日、大阪市在住のS氏という方から、突然の電話をいただきました。まったく初めての方でした。S氏はまず、「あなた様なら私のお話を聞いていただけると思って、お電話をしました」と切り出すや、ご自分の不思議な体験を語り出しました。

聞けば、S氏すでに会社役員を退職し、奥様とともに諏訪湖温泉の〈〇〇〇ホテル〉に行くことを、毎年の楽しみにしているとのことでした。そして、昨年も恒例にたがわず、そのホテルに宿泊をして来たと言いました。S氏は温泉の湯船につかり、指定しているいつもの客室で奥様と料理の席に着きました。すると毎年のごとく、顔見知りの女将おかみさんが、「失礼いたします」と、挨拶に見えたのでした。その女将さんとは何度もお会いしていましたので、その姿も声も間違いありませんでした。

女将さんとはお話がきょうじ、ついつい30分以上が過ぎ去りました。普通、こうした挨拶がこれほど長く続くことはありません。S氏はいささか気になり、「女将さん、僕のところはもういいから、ほかのお客さんにも挨拶をしてください」と言いました。ところが女将さんは、「それはお気になさらないでください。ここにいる方が楽しいのですから」と言うのでした。S氏は妙なことを言うなと思いましたが、その理由までは問いませんでした。

どれほどの時間が過ぎたでしょうか。「長い時間をおつき合いいただき、ありがとうございました」と、女将さんはやっとS氏の客室から出て行きました。ところが、間もなくのことでした。今度は顔見知りのその女将さんよりも若い、別の女性が現われて、「女将でございます」と言うではありませんか。S氏が「女将さんなら、今までここにいましたよ」と言うと、その若い女将さんは怪訝けげんな顔をあらわにしました。そして、ことの次第を語るや、「その方なら、もうここにはおりません。今は私が女将ですから」と言います。何という奇怪な出来事でしょう。S氏は真っ青になり、もう料理どころではありません。地酒の酔いもいっぺんに吹き飛んでしまいました。

皆様はいったい、このお話が信じられるでしょうか。実はこれには後日談があり、諏訪市在住の私の弟子僧M師が、先に挨拶に来たその女将さんのことをよく知っていました。事情があって、実家に帰っているとのことでした。したがって、そのホテルの女将として挨拶をすることは絶対にあり得ません。つまり、これは亡くなった人の霊ではなく、〈生霊いきりょう遊離ゆうり〉だったのです。毎年の常客であったS氏のことを忘れなかった想念が脱魂だっこんして、本人さながらに別の場所に移動した現象です。信じがたいことではありますが、絶対にあり得ないとは言い切れません。ほかにも耳にした経験があります。

怖いお話はまだまだありますが、もう、このへんにいたしましょう。今夜の「真夏の夜の夢」をお楽しみに。

続・怖いお話

カテゴリー

令和4年7月26日

 

私は平成30年11月25日にあさか大師を落慶開山し、翌年正月より布教を開始しました。

ただ、その前の2年間、近くの古いマンションを仮本堂としていました。築40年という建物でしたが、そこを選んだ理由は、昔の一間いっけん(180センチ)の押入れがあったからです。そのふすまをはずし、赤い毛氈もうせんを引いてお大師さまをおまつりすることができました。10人も入ればいっぱいになるほどの狭さでしたが、それでも月々の行事は今と変りなく、お参りの方々といっしょに挙行していました。

ところが、私が常に悩まされたのは、真夜中にブザーで起こされることでした。多くは深夜の2時、3時頃だったでしょうか。そのブザーというのは、今時はお目にかかれない旧式のもので、いわゆる「ビィー!」と鳴り続けるアレでした。それも一回だけを、長く鳴らすのです。私は今でも、あの音の響きを忘れません。たいていは、私が眠りにき始めた時刻です。「せっかくいい気持ちで寝ているのに誰だろう?」と思って、ドアに向って「ハーイ」と返事をしても、何の応答もありません。玄間を開けても、もちろん誰もいません。

私は始めは誰かのいたずらかと思いました。しかし、それにしては回数が多過ぎますし、ほかの居住者に聞いても、そんな経験はないといいます。そして、それは行事の前日に多いことが、だんだんとわかって来ました。つまり、あの世の人が、供養を受けるにあたってご挨拶に来たということだったのです。

このような経験は、以前に勤務していた寺でもありました。私は玄間近くの部屋に寝起きしていましたから、誰かが入ってくれば、すぐにわかりました。そこでは、玄間のブラインドが風もないのに、「カサカサ」と音を立てるのでした。時にはノックの音で気づくこともありました。これも同様に、行事日が近づいた日に多かったと思います。

ところが、あさか大師に移転してからは、こうした音はまったく消えました。その理由ははっきりとは断言できませんが、供養の位牌があるため、わざわざ挨拶をしなくても〝常にいる〟からかも知れません。挨拶は毎日しているからなのです。その仮本堂では、位牌はまだ安置していなかったのでした。

あの世の人、つまり〈霊的な人〉は間違いなく存在します。それは眼に見える姿の場合もありますし、声や音を通じて知らせて来る場合もあります。この世のものとも、あの世のものとも、どちらともいえるような、いえないような、そんな感じです。皆様、怖いお話をまだ続けますか?

怖いお話

カテゴリー

令和4年7月25日

 

真夏の夜にふさわしい、怖いお話を一つ。

今から25年ぐらい前のことですが、私が川崎大師(川崎市のお大師さま)へお参りした日のことです。帰りにタクシーに乗り、川崎駅に向かいました。ところが、その運転手さんがバックミラーでさかんに私の顔をのぞくのです。何か、ためらっているような様子でした。そこで私が、「どうしましたか?」と声をかけました。すると、「お客さんはお坊さんですか?」というので、「そうですよ」と答えました。さあ、それからです。

「信じてもらえないかも知れませんが」と前置きして、次のようなお話を始めました。

一年ほど前の、ある雨の日の夜のことだったそうです。その運転手さんが北鎌倉駅(神奈川県鎌倉市)の近くで、一人の女性客を乗せました。雨の日だというのに、なぜか傘をさしていなかったそうです。同じ鎌倉市の〝自宅〟まで行って欲しいという依頼でした。土地勘とちかんはあったので、だいたいの場所はわかりました。そして雨の夜道に気づかいながら、運転手さんはやがて依頼された家の前に車を到着させました。

すると、その女性客が、「ちょっとお待ちください。すぐ、家の人がお支払いしますから」といって、急いで家の中に入りました。ところが、いつになっても家の人など出て来ません。運転手さんはしかたなく、傘をさしてその家のブザーを押しました。すると、一人が玄関から出て来ました。

「すみません。タクシー代をいただきたいのですが」というと、その家の人が怪訝けげんな顔をするではありませんか。運転手さんは女性客の年齢や服装を含めて、しかじかの事情をお話しましたが、「そんな人はいませんし、家に入った人など誰もいません。何でしたら中を調べてください」というのです。

運転手さんはしかたなく車に戻りました。後ろを振り向くと、何と、女性客がいた座席が、しっとりと雨でぬれているではありませんか。運転手さんは全身に悪寒おかんが走り、身のふるえを覚えました。取り合えず、近くの交番に行って事のしだいを伝えるや、「君! 夢でも見たんだろう!」でした。

交番に駆けつけたところは、いささか滑稽こっけいですが、実はこのようなお話はほかにもあるのです。皆様、寝苦しい熱帯夜には、悪夢にご注意ください。

六地蔵怪談

カテゴリー

令和2年10月14日

 

あさか大師へ向かう途中に、自動車整備会社とタクシー会社の駐車場があります。その自動車整備会社の片隅かたすみ六地蔵ろくじぞうが置いてありました。それはタクシー会社の先代社長さんがどこかの石材店で見つけ、気に入って買って来たものとのことでした。たぶん、交通安全への願いからだったのでしょう。もちろん、読経をしていたわけではありません。つまり、土産物みやげものほどの意味で買って来たということなのです。しかも、まわりはゴミ捨て場のように散らかしたままでした。

私はそのことがとても気になり、自動車整備会社の社長さんにこのことをお話しました。すると、「お寺で何とかしていただけませんか」という返答だったので、あさか大師で引き取ることとなりました。運搬して取りあえず、玄間のそばに並べました。いずれは、しかるべき場所に安置するつもりだったのです。

ところがその翌日、二人の尼僧さんが護摩修行に来て宿泊しました。私は自室で就寝しましたので気づきませんでしたが、尼僧さんたちは安眠できないほど怖い体験をしていたのです。二人が宿泊した部屋にはもちろん、サッシがあり、カーテンもついています。しかし、深夜になって、赤い服を着た女の子が一人(もちろん、この世の子ではありませんが)、サッシに張りつくような姿で二人をじっと見ていたというのです。

二人は護摩修行で疲れ果て、しかも深夜でもあったので、「明日になったら供養をするから」と言って眠りにつきました。これは明らかに事故か川でおぼれた女の子で、葬式もされず、どこへ行っていいのかわからない孤独な霊なのです。たまたま六地蔵が目につき、供養されることを望んで、今か今かと待っていたのです。

翌朝、私はさっそく六地蔵を水子観音堂に並べ、香を焚いて供養を施しました。不思議なもので、六地蔵の顔までうれしそうに変じました(写真)。今でも、毎日続けています。安置する場所も定まり、近いうちには開眼法要をするつもりです。

仏像を安易な気持ちで買ってはいけません。私たちは眼に見える世界にだけ生きているのではないのです。そうでないと、このように怖い怪談を体験しますよ。

続・蛇体の威神力

カテゴリー

令和2年8月24日

 

実は、高野山にも蛇体に関する伝承が残っています。かつて、奥の院の一の橋から御廟ごびょうに向かう途中を右に少し入ると、「蛇柳じゃやなぎ」と呼ばれる柳の大木がありました。荒れ果てたさびしい湿地に、柳の枝がいくつにも分かれて伸びている様子は、まるで大蛇が地をう姿そのものだとされていました。近づくとまさに妖気ようきが漂い、背筋が寒くなったと語る人もいたそうです。現在では新しい墓地になっていますが、さて、その伝承です。

お大師さまが高野山を開創され、諸堂建設の指揮をされていた頃、東北の地(もちろん、当時はまだ奥の院という地名はありません)にとてつもない大蛇がいて、人々をおびやかしていることを耳にされました。お大師さまはこの大蛇は封じ込めないと高野山に差し障りがあると判断をされ、竹箒たけぼうきを持って現場に向かわれました。到着すると、なるほど今にも人をみ込まんとするほどの勢いで、見るも恐ろしい大蛇が地をっていたのです。お大師さまは持ち前の法力で、たちまちにその大蛇を竹箒に封じ込め、大蛇は柳の大木へと変じました。

竹箒を用いられたのは、たぶん大蛇のような、また龍のような形を想起されたからでありましょう。以来、高野山にはマムシ等の毒蛇がいなくなったことが、「高野七不思議」の一つとして数えられ、現在に至っています。それにしても、後世まで「蛇柳」として残るとは、並みのパワーではありません。

別のお話が、常喜院じょうきいんから根本大塔へ向かう「蛇腹道じゃばらみち」にも伝わっています。蛇腹道は今ではモミジの名所として知られる美しい小径こみちですが、たしかに蛇体のような曲線をなしています。お大師さまご在世の頃は、頭西腹北と頭東腹南の二龍がせった不思議な地形でした。この二龍の腹と腹の間を通ったことが、その名の由来です。近くの蓮池には龍王社が祀られていますので、お大師さまは高野山を風水ふうすいでの「龍臥りゅうがほら」と考えられ、ここでも法力を示されました。つまり、威神力をもって高野山を守護する龍王としてお迎えされたのです。

明治時代まで、高野山では「三つまた熊手くまで、および竹箒たけぼうきを禁ず」という規則がありました。封じ込めた大蛇を恐れたからでありましょう。竹の植栽さえ禁じました。そのため、コウヤボウキという低木の枝を束ね、これを箒として使いました。もっとも、これには別の理由もあって、人は竹を見るとかござるを作って商いをするからだと私は思っています。

蛇体には霊的なパワーがあるのです。仏教の強大な守護神ともなれば、悪蛇悪龍ともなるのです。たとえミミズといえども、粗末に扱ってはなりません。私も肝に銘じ、自戒をしています。

蛇体の威神力

カテゴリー

令和2年8月20日

 

私が子供の頃、農村の男の子はみな、川でりをしたものです。とはいっても、えさはミミズしかありません。ミミズばかりはいくらでもいたのです。また、男の子はどこにでも立小便をしたので、おしっこがミミズにかかることがよくありました。さあ、その時です。故意であろうが間違ってであろうが、そのおしっこがミミズにかかるや、男の子のアソコがれて痛み出すのです。私も何度か経験しましたので、よくわかります。これは確かなことです。

しかし、その理由がわかりません。いろいろ調べましたし、質問もしました。ある方はミミズが防御液を出すのではないかと言いましたが、たとえ子供でも、地面から男性器までの距離を考えれば納得はできません。ある方は不潔な手でおしっこをするからだと言いましたが、農村の子供はみな田畑を手伝って汚れていたのに、ミミズにおしっこをかけた時だけというのも納得できません。ある農学博士はこの質問に対して、「きわめてむすかしい」と答えています。

ミミズを干した生薬を漢方では「地龍じりゅう」といい、解熱剤として大変に薬効があります。高熱を発する疫病治療などにも、使われたかも知れません。たしか韓国の歴史ドラマ『王建(ワンゴン)』の中で、兵たちが疫病にかかって士気を失い、交戦もできない状況のシーンがありました。軍医も治療法が見つからず、悩むに悩みました。ところがある夜、夢の中にその先祖が現われ、ミミズを生薬と共にせんじて服用させれば快癒かいゆするとのお告げを受けました。事実、この処方で兵たちの命が助かりました。ドラマでのストーリーとはいえ、十分にあり得るお話だと思います。

また、近年は赤ミミズに含まれる〈ルンブルクスルベルス〉という酵素が血栓けっせんを溶かす効力があるとして、宮崎医科大学の美原恒みはらひさし博士らによって研究が進められています。脳梗塞のうこうそく心筋梗塞しんきんこうそくの救世主となり、栗本慎一郎氏がこの線溶酵素によって一命を取り留めたことでも話題になりました。これはまさに、驚異的な業績と言わざるを得ません。

それにしても、ミミズを「地龍」と呼ぶ薬名も気になります。〈龍〉は強大なパワーを持ち、権威や才能の象徴ともされます。皇帝の玉座ぎょくざを「龍座りゅうざ」とも言い、『三国志』では隠棲いんせい中の諸葛孔明しょかつこうめいを「臥龍がりゅう」と呼んでいます。かくれた天才という意味でしょう。また、いまだ天に昇らぬ龍を「蟠蛇はんじゃ」と言い、ヘビを龍の子供とするのです。龍は肉眼では確認できませんが、ヘビやミミズは地上の生物です。つまり、こうした蛇体には、何か霊的なパワーがあると考えられて来たのです。

農村のことばかりで恐縮ですが、ヘビをいじめたり、殺したりして高熱を出した子供がよくいました。釣りをして川魚を食べても、ネズミを退治しても何ともないのに、どうしてなのでしょう。弁財天の眷属けんぞくである白蛇はくじゃを「宇賀神うがじん」と呼ぶように、ヘビやミミズのような蛇体には、特殊な威神力いじんりきがあるとしか思えません。私が浄書する霊符れいふ(護符の一種)もまた、蛇体の形をしていますし、霊符行者はウナギ(蛇体)を禁食としています。今日のお話、いかがお思いでしょうか。

あり得ないお話

カテゴリー

令和2年8月11日

 

これは四十年近くも前、私の友人の子供(三男)に起こった奇跡談きせきだんです。

その子は当時、四歳ほどだったと思います。友人の自宅は東京都文京区の、ある交差点から約30メートルほどの距離にありました。通りに面して車の往来も多いところでしたが、住民はけっこうスキを見て(横断歩道まで行かずに)道路を横切っていました。このことが裏目に出たのでしょう。

ある日、その子が自宅の反対側から道路を横切ろうとした時でした。交差点を左折したタクシーがスピードを出して迫って来ました。友人の妻、つまりその子の母親が自宅前で「あぶない!」と叫びましたが、すでに遅く、その子は急ブレーキを踏んだタクシーにはねられて倒れ、しかもタイヤの下敷きになったのです。一瞬のことでした。

母親もタクシーの運転手も、無我夢中でその子を抱き起こしました。うっすらと意識はありましたが、何が何だかわからなかったようです。着ていた赤いTシャツはボロボロで、胸にはタイヤのあとがはっきりと残っていました。もちろん救急車を呼び、すぐ病院に運びましたが、何と内臓に異常はなく、ほんのかすり傷で済みました。まず、あり得ないことです。

もちろん私は、その場に居合いあわせたわけではありません。しかし、この知らせを受けた時、これは世にもまれな奇跡だと思いました。そして後日、私はその子に会い、その時の状況を上手に聞き出しました。たぶん、何かに支えられて空中に浮いた感じとか、光のようなものを見たとか、そういう神秘体験をしたに違いないと思ったからです。

その時の答えを、私は忘れることができません。その子の答えは、「おじいちゃんやおばあちゃんが見えたよ」というものでした。私がさらに「どんなおじいちゃんやおばあちゃんだったの」と聞くと、「この人たち」と、仏壇の上を指さしました。その仏壇の上には、友人の祖父母からの遺影が飾られていたのです。私は驚くと同時に、十分にあり得ることだと確信したのでした。あり得ないお話が、あり得るお話へと変ったのです。

皆様はこのお話を信じるでしょうか。しかし、これは間違いのない実話です。私は友人に願い出て、ボロボロになり、胸にタイヤの跡までついた赤いTシャツを譲り受けました。そして折を見てそのTシャツを披露ひろうし、生々しいタイヤの跡を示しつつ、この奇跡談の法話をしました。何よりも、そのTシャツが事実を証明しています。そして、一段と声を大きくして、いつもの「大切なこと」をお話したのでした。

続・陰膳のすすめ

カテゴリー

令和2年2月12日

 

昨日、「陰膳かげぜん」のお話をしました。そして、家族は精神的に連結しているから、陰膳によってこれを応用することができるとお話をしました。

実は、このお話をさらに続けるなら、家族は霊的にも連結しているともいえるのです。つまり、あの世の人とも連結しているという意味です。人はこの世の一生で終るのではなく、その人を思えば、それは〝生きている〟ことになるからです。

たとえば、ご主人か奥様のどちらかが他界されて、お子様が幼いのに片親となった場合、子育てはなかなかむずかしいものです。しかし、その片親が位牌に向かって合掌がっしょうをしていれば、そのお子様が間違った育ち方をすることはありません。その後ろ姿を見て、「お父さん(お母さん)を大事にしているし、お父さん(お母さん)はいつもそばにいる」という思いをいだくからです。そして、その思いは必ずあの世とも連結するからです。何もむずかしいことではありません。

そして、あえて提案しますが、月に一度の命日めいにちには陰膳かげぜんをすることが大切です。ご主人(奥様)が座っていた食卓に、好きだった食事をえることです。お子様ははじめ、お客さんでも来るのかと思うでしょう。しかし、その理由を説明すれば、お子様はますますよい子に育ちます。これは、どんなご祈祷法にもまさる〈秘中の秘〉なのです。

片親でご苦労をされている皆様、どうかこの陰膳のすばらしさを、ぜひ体験してみてください。

インド人のお墓

カテゴリー

令和元年10月4日

 

昨日、親のお葬式ばかりはなさってください、そして、お墓に埋葬してください、とお願いしました。そう言うと、皆様の中には反論をなさる方がいらっしゃるはずです。インド人は火葬した遺骨をガンジス川に流すではないか、お墓なんかないではないか、という反論です。

違うのです。現代のインド人はほとんどがヒンズー教徒ですが、火葬した後は僧侶を呼んでお葬式をします。そして、その後に〈聖なる川〉であるカンジス川に流します。聖なる川であるからこそ、罪を浄めるために流すのです。つまり、インド人にとっては、ガンジス川こそが〝お墓〟なのです。今日の日本で行われている散骨さんこつとは、根本的に違います。思い出の〇〇の海に、裕次郎さんがヨットを浮かべた〇〇の海とは、意味が違うのです。日本人はまず、この違いを知らねばなりません。

次に、もう一つお話をしましょう。そもそも、インドと東北アジア(中国・朝鮮・日本)では、生死観が違うのです。インド人は永い歴史を、きびしいカースト制度の中で生きて来ました。どんなに努力をしても、最下層のスードラ(奴隷どれい)はその身分を変えることができません。そして、きびしい炎天熱砂の中で暮らして来ました。輪廻転生りんねてんしょう(生まれ変わり)を信じていても、二度と生まれ変わらぬ悟りの世界にきたいのです。

ところが、東北アジアの仏教は多分に儒教じゅきょうの影響を受けました。死んだ後にも、〝草場くさばかげ〟から子孫を見守りたいのです。あるいは生まれ変わって、今度こそ好きなあの人とげたい、あるいは成しげられなかったあの仕事を完成させたいのです。だからこそ、お墓があり、また家庭には仏壇があって子孫と共に〝暮らす〟のです。つまり、仏さまの浄土とこの世が同時にあるのです。このことが、わかりますでしょうか。

だから皆様、せめて親の散骨はなさらないでください。もう一度申し上げますが、どんなに簡素でも、親のお葬式ばかりはなさって、お墓に埋葬してください。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ