カテゴリー : 金運

昨日の金運宝珠護摩

カテゴリー
金運

令和6年3月18日

 

昨日、金運宝珠護摩を無事に奉修しました。大勢の皆様に参詣いただき、熱心に読経をしていただきました(写真)。

 

皆様にお話したことは、私自身は富裕でも資産があるわけでもないということ、お大師様から伝えられた行法を信じて修しているだけだということでした。よく念力とか超能力とかいいますが、私には無縁のものです。〝最後の力〟はやはり信じることです。

ただ、信じるためには、信じるに値する何かがなくてはなりません。そのために、皆様の背中を押すために、お大師様が行法を伝えてくださいました。

不思議なことがおこり、それを聞いた人にまた不思議なことがおこります。その最初のパワーが如意宝珠から湧出するのです。来月のご参詣をお待ちいたします。

明日が金運宝珠護摩

カテゴリー
金運

令和6年3月16日

 

明日の午前11時半より、人気の「金運宝珠護摩」が奉修されます(写真)。ご参詣の皆様には「金運銭」を差し上げますので、一ケ月所持して金運増大をお祈りください。

「厄除のお大師さま」でなぜ金運のお護摩を奉修するのかといいますと、現代においては、お金は自分自身にも等しいほど大切であるからです。お金は単なる生活の手段となるばかりでなく、自分自身を評価する基準となるからです。お金に対する偏見を捨て、お金を正しく理解する必要があるからです。

この金運宝珠護摩に参詣した方々にはそのことを強調し、お金に好かれる生活をするようお話をしています。皆様、ありがたい福徳をいただくようで、「どこからともなくお金が入って来る」とおっしゃいます。もちろん、仕事が増えたり、給料が上がることも金運です。お金を求めて、お金を追うのではなく、お金に好かれて、お金がいっしょについて来るようになってほしいのです。

なお、参詣の都合がつかない方、ご遠方の方は明日の11時半に同時に念じてください。あさか大師に参詣したつもりで、いっしょに念じてください。いいことがありますよ。

融通への「金運宝珠護摩」

カテゴリー
金運

令和6年2月19日

 

昨日の「金運宝珠護摩」にも、大勢の皆様が参拝されました(写真)。

皆様にちょっとお話をしましたのは、お金に対して大切なキーワードである〈融通〉という意味についてでした。お金に対して最も間違った見解は、「相手がそんをすれば、自分に利益がある」という発想ではないでしょうか。たとえば、相手の人に少しでも高い値段で売りつければ、その分だけ自分がもうかるのだという考え方です。

しかし、これでは融通にはなりません。いずれは必ず自分の不当さが発覚し、うらみを受ける結果にもなりかねません。融通とは「け合う」という意味です。一方だけの利益で溶け合うことはありません。金運とは互いに利益を共通し合ってこそ生まれるからです。

「金運宝珠護摩」はそのチャンスに恵まれるよう修しています。もちろん、チャンスはただ待っているだけでは恵まれません。そのチャンスに恵まれるよう、皆様の背中を押すということなのです。共通の利益に恵まれ、金運が高まることを念じてやみません。

明日が「金運宝珠護摩」

カテゴリー
金運

令和6年2月17日

 

明日の午前11時半より、「金運宝珠護摩」が奉修されます。大勢の皆様がごいっしょに参拝されますので、早めにお越しください(写真)。

この「金運宝珠護摩」ではお護摩の炎に如意宝珠を観想し、金運のパワーが堂内に遍満するよう祈ります。ご参拝ができない方や遠方の方でも、あさか大師にお心を寄せる方なら、どなたも感応しますので、この時間に合わせてお祈りください。同じ時間に合わせることが大切です。

また、お護摩の読経や太鼓とは別の音楽が聞こえたり、合掌した手に金粉が付いたりすることもあります。不思議な霊験がたくさん届きますが、皆様の霊験をぜひお聞かせください。その霊験が新たな霊験を引き寄せ、また生み出します。

如意宝珠の威光

カテゴリー
金運

令和6年1月21日

 

本日は雨天にもかかわらず、大勢の皆様が〈金運宝珠護摩〉にお参りし、如意宝珠の威光いこう随喜ずいきしました(写真)。

この金運宝珠護摩は、火中に如意宝珠を観想し、その先端より諸宝が湧出ゆうしゅつする観想をいたします。そして、その湧出した諸宝が、参詣者の皆様に感応するよう祈念しています。本日はその威光がことのほか強く、堂内に如意宝珠のパワーが遍満しました。

金運はただ単に、祈ればかなうというわけではありません。人が欲する何かを、人が喜ぶ何かを与えねば、お金は入りません。しかも、それは努力に加えた〈運〉の力、つまり、めぐり合わせのよさが必要になります。これは人の努力だけでは果たせません。この金運宝珠護摩は、その〈運〉を強めるために修しています。

私は、そのためにも功徳を積む心がけの必要性をお話しました。小さな親切、やさしい言葉といったあたたかい心がけが、実は大きな功徳を生みます。金運宝珠護摩に関心をよせるすべての皆様に、そんぽ功徳が及びますことを念じてやみません。

明日が金運宝珠護摩

カテゴリー
金運

令和5年12月16日

 

あさか大師では明日11時半より、〈金運宝珠護摩〉が修されます。ご参拝の方には全員、〈金運銭〉を差し上げます(写真)。

 

大変に人気があり、込み合いが予想されますので、お早めにお越しください。当日の護摩木(一本200円)の受付は玄関前にて特設いたします。ご自分はもちろん、ご家族や友人知人のお名前でお申込みください。皆様の目の前での、金運宝珠護摩にてご祈願をいたします。

金運のご祈願をしたからといって、一万円札が天から降って来るわけではありません。しかし、その間接的なヒントや情報がどこからともなく現われます。そこが不思議なところで、皆様がそのようにおっしゃいます。よくアンテナを張って、身辺に注意することが大切です。

そして、ご自分が望むことを叶えるためには、世のため人のためになりたいという大きな悟りに到達します。現世利益と仏教の悟りが同じものであることを知るのです。これがお大師さまの教えです。皆様のお参りをお待ちいたします。

金運宝珠護摩の霊験

カテゴリー
金運

令和5年10月16日

 

昨日の11時半より金運宝珠護摩が奉修され、たくさんの方々が参詣されました(写真)。

お護摩の炎に如意宝珠を観じて、そのパワーを皆様にお届けしましたが、さっそく多くの霊験が寄せられました。長い間の念願だった契約がとれた方、業務成績が急に向上した方、返金されなかった貸出金がもどった方などのご報告がありました。また、地方の皆さんはメールや郵便で護摩木をお申込みになり、うれしいご報告をお届けくださいました。

正しい作法と心がけで修すれば、祈願は必ず届きます。ただ、その現れ方はさまざまです。現れていても気づかない場合もあります。金運を願ったからといって、一万円札が舞い降りてくるはずがありません。さりげない会話の中に、テレビや書籍の中に、電車や路上の看板の中に、金運は潜んでいます。そのことを、よくアンテナをはって感知することです。

きびしい世相ではありますが、如意宝珠の功徳で皆様の金運が高まりますことを願っております。

金運銭を差し上げます

カテゴリー
金運

令和5年10月13日

 

10月15日(日)の11時半より、恒例の〈金運宝珠護摩〉が挙行され、ご参詣の方にはカード寸法の〈金運銭〉を差し上げます(写真)。

ご参詣の方々からは、金運増大のお話がたくさん寄せられ、私もそれをご披露しています。お金に対する正しい見識と、自分に対する評価として、金運を高めていただきたいと思います。そして、人生の幸せと布施に対する新しい価値観を見い出だしていただくことを願ってやみません。

護摩木を申し込む方は、お早めにお越しください。お護摩の炎の中に如意宝珠にょいほうしゅを観想しますので、その加持力かじりきが堂内に遍満します。そのパワーを持ち帰りましょう。

金運宝珠護摩の霊験

カテゴリー
金運

令和5年9月18日

 

昨日、金運宝珠護摩を奉修し、大勢の方が参拝されました。このブログを読んでお越しになった初めての方も多く、力強いお護摩の炎に感激されたようです(写真)。

霊験をいただいた方は、さっそく報告をしてくださり、それを聞いた方がまた霊験をいただきます。ありがたいお話は一人じめするのではなく、その功徳を分け与えることが大切です。その言葉の力が堂内に残り、さらに多くの皆さんが功徳をいただけるからです。これを〈法界力〉といい、つまり遍満へんまんするパワーを意味します。

お渡しした〈金運銭〉は、お大師さまからおあずかりした如意宝珠だと説明しました。中に五円玉が入っていますが、この五円玉に功徳が込められ、新たな功徳を生み出すからです。お財布の中に入れて持ち歩き、来月にお返しください。そして、新たな〈金運銭〉をいただいてください。

そして、世の中に善いことをして功徳の種をまき、芽を育て、大きな実りを得てください。〈運〉とは功徳の実りであると、私はお話をしています。

金運銭を差し上げます

カテゴリー
金運

令和5年9月16日

 

明日は第三日曜日で、あさか大師では11時半より、金運宝珠護摩が奉修されます。皆さん、お待ちかねの〈金運銭〉も差し上げます(写真)。一ケ月間お財布に入れて金運を高め、来月の第三日曜日に御礼金を入れて返却してください。

この宝珠護摩の人気は予想以上で、驚くような報告が届いています。どうやら、「どこからともなく入ってきます」というのが、一番多い報告でしょうか。友人に貸していたお金が急に戻って来た、という報告もよく聞きます。中には直接のお金ではなくとも、お祭りの抽選でいきなり特賞の大型テレビが当たった方もいました。

大切なことをお話しますと、「金運が授かりますように」という祈りでは不充分だということです。そこには「私には金運がありませんので・・・」という意識が働くからです。では、どうするのか。それには「金運の神さまに好かれますように」と祈ることです。なぜなら、金運の神さまに好かれるなら、金運が高まるのが当然だからです。

もちろん、金運の神さまに好かれるためには、好かれるような生き方をしなければなりません。さて、どうすれば好かれるような生き方になるのか、それは明日、私が直接お話しましょう。いつもお話していることで、特別なことではありません。これも、しごく当然のことです。でも、とても大切なことです。

そして、こういうお話は何度でも聞くことが大切です。何度も何度も聞いているうちに、皆さんも金運の神さまに好かれるようになるからです。明日は、それを楽しみにお越しください。

山路天酬密教私塾

詳しくはここをクリックタップ